ハンブルク発 〓 ハンブルク国際音楽祭が2019年のスケジュールを発表

2018/11/25

ハンブルク国際音楽祭(Internationales Musikfest hamburg)が20日、2019年のスケジュールを発表した。2019年は4月27日に開幕、5月29日に閉幕する。音楽祭は2014年にスタート、2016年に行われた後、昨年2018年から毎年開催されることになった。主役はNDRエルプフィルハーモニー管弦楽団(NDR Elbphilharmonie Orchester)で、主会場は彼らの本拠地エルプ・フィルハーモニー。ダニエル・ハーディング率いるパリ管弦楽団、ダニエル・バレンボイム率いるベルリン・シュターツカペレに加え、バーバラ・ハンニガンが指揮するルートヴィヒ管弦楽団などが客演、期間中に52のコンサートが行われる。

共演するアーティストは、ヴァイオリンがアンネ=ゾフィー・ムター、クリスティアン・テツラフ、ピアノはエレーヌ・グリモー、クリスチャン・ツィメルマン、声楽はエリーナ・ガランチャ、クリスティアン・ゲルハーヘルなど。2019年の「コンポーザー・イン・レジデンス」は、ハンブルク音楽劇大学で16年間教鞭を執ったジェルジュ・リゲティ(1923〜2006)。彼の唯一のオペラ《ル・グラン・マカーブル》がアラン・ギルバート指揮のNDRエルプフィルハーモニー管弦楽団によって上演される。

写真:Internationales Musikfest hamburg


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ゲッティンゲン・ヘンデル音楽祭 〓 次期音楽監督にジョージ・ペトロウ

  2. ハノーバー発 〓 第10回「ヨーゼフ・ヨアヒム国際ヴァイオリン・コンクール」はカナダのティモシー・チョイ

  3. フランクフルト発 〓 フランクフルト歌劇場が2019/2020シーズンの公演ラインナップを発表

  4. エディンバラ国際芸術祭 〓 リネハン総監督との契約を2022年まで延長

  5. ラ・フォル・ジュルネTOKYO 〓 今年のテーマは「ボヤージュ – 旅から生まれた音楽」

  6. グラインドボーン音楽祭 〓 次期芸術監督に演出家のステファン・ラングリッジ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。