バーミンガム発 〓 山田一樹がバーミンガム市交響楽団の首席客員指揮者に

2018/05/10

バーミンガム市交響楽団が次期2018/2019シーズンのレジデンス・アーティストにヴァイオリニストのギドン・クレーメルを選んだと発表した。また、日本の山田一樹を首席客員指揮者に迎えたことを明らかにした。バーミンガム市交響楽団の音楽監督はミルガ・グラジニーテ=ティーラで、クレーメルは同じリトアニア出身のアーティストとして先輩に当たる。グラジニーテ=ティーラは今シーズン、「バルチック・スタイル」というタイトルを掲げて、23の演奏会を企画している。

関連記事

  1. パリ発 〓 「ロン=ティボー=クレスパン国際コンクール」のヴァイオリン部門は、ウクライナのディアナ・ティシュチェンコが優勝

  2. ブリュッセル発 〓 フィラデルフィア管弦楽団の演奏会が中断、パレスティナ擁護の叫びで

  3. ローマ発 〓 ダニエレ・ガッティがローマ歌劇場の《リゴレット》を指揮

  4. ロンドン発 〓 世界最大級の名物録音スタジオ売却へ

  5. ロンドン発 〓 「グラモフォン賞」に新設された「オーケストラ・オブ・ザ・イヤー」にシアトル交響楽団

  6. マドリード発 〓 テアトロ・レアルが2018/2019シーズンのラインナップ発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。