ロンドン発 〓 イングリッシュ・ナショナル・オペラが土曜夜の公演を18歳以下に無料開放

2018/12/18

イングリッシュ・ナショナル・オペラ(ENO=English National Opera)が来年から、若者にもっとオペラに触れてもらうため、18歳以下に一部の公演を無料開放することになった。対象となるのは、2019年前半の土曜日夜に行われる公演すべて。プッチーニ《ラ・ボエーム》、レハール《メリー・ウィドウ》、モーツァルト《魔笛》など、11公演ある。イングリッシュ・ナショナル・オペラのCEOにはこの3月、BBCの若者向けインターネット・テレビチャンネル「BBC Three」にいたスチュアート・マーフィーが就任して新しい路線が打ち出されている。

イングリッシュ・ナショナル・オペラはオペラをすべて英語で上演しているのが最大の特徴。ロイヤル・オペラ・ハウス(Royal Opera House)に比べ、料金をもともと低く抑えている。前身は1931年に設立されたヴィック=ウェルズ・オペラ。その後、サドラーズ・ウェルズ・オペラとなり、本拠地をロンドン・コロシアム (London Coliseum)に移した1974年から現在の名称となった。歴代の音楽監督にはコリン・デイヴィス、チャールズ・マッケラス、マーク・エルダー、ポール・ダニエルなどがおり、2016年からはマーティン・ブラビンズ。

ロンドン・コロシアムは1904年に開場した、トラファルガー広場の近く、セント・マーティンズ・レーンにある劇場。ロンドン最大の劇場(客席2359)で、エドワード王朝時代の外観は荘厳そのもの。尖塔の上にはシンボルとして地球儀のオブジェが設置されている。民衆のための素晴らしい音楽ホールを標榜して建設されたことから「エンターテイメントの宮殿」と呼ばれて親しまれてきた。2004年に内部の大改修が終わり、リニューアル・オープンしている。

写真:English National Opera


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ウィーン発 〓 2020年の「ニューイヤー・コンサート」の指揮者はネルソンス

  2. 東京発 〓 大野和士が東京都交響楽団との契約を延長

  3. リガ発 〓 「オペラ・ヴィジョン」がラトビア国立歌劇場の《さまよえるオランダ人》を配信

  4. ヘルシンキ発 〓 スザンナ・マルッキがヘルシンキ・フィルとの契約延長

  5. 台北発 〓 インバルが台北市立交響楽団の首席指揮者に

  6. クラスノヤルスク発 〓 空港にバリトンのホフストフスキーの名前

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。