ニューヨーク発 〓 ニューヨーク・フィルハーモニックが「不正行為」を理由に楽団員二人を解雇

2018/09/20

ニューヨーク・フィルハーモニックが16日、「不正行為」を理由に楽団員二人を解雇すると公表した。オーケストラは、この判決は元連邦裁判官が率いる5か月間の内部調査の結果だと述べており、二人がオーケストラの見解に異議を唱え、音楽家組合がオーケストラの決定を審査している間、両者は無給休暇に置かれている。組合のの許可が得られたら解雇するという。解雇理由の詳細が明らかにされていないため、逆に物議を醸している。

解雇されたのは、オーボエの首席奏者の王亮(Liang Wang)、トランペットの副首席奏者のマシュー・マッキー(Matthew Muckey)。王は1980年、中国の青島生まれ。中国の中央音楽学院で英才教育を受けた後、フィラデルフィアのカーティス音楽院で学んだ。中国で英才教育を受け、海外で活躍してきた音楽家の代表格。サンタフェ・オペラ管弦楽団、シンシナティ交響楽団の首席奏者を経て、2006年にニューヨーク・フィルハーモニックに入団した。マッキーも2006年の入団、カリフォルニア州サクラメント生まれ。

写真:LiangWang.com


関連記事

  1. ベルリン発 〓 3つのオペラハウスが2018年の“興行成績”を発表

  2. キール発 〓 キール歌劇場の音楽総監督にベンジャミン・ライナー

  3. ローマ発 〓 ゼフィレッリ、96歳になる2020年に《リゴレット》を演出へ

  4. ニューヨーク発 〓 ドローラ・ザジックが引退を表明

  5. 東京発 〓 ロイヤル・オペラ、日本ツアーの詳細決まる

  6. ローマ発 〓 パッパーノがサンタ・チェチーリア管との契約を延長

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。