クラスノヤルスク発 〓 トレチャコフ国際ヴァイオリン・コンクール創設へ

2018/03/31

ロシアの名バイオリニスト、ヴィクトル・トレチャコフ(Viktor Tretyakov)の名を戴いた国際ヴァイオリン・コンクールが2018年、彼の故郷クラスノヤルスクに創設されることになった。トレチャコフは 1946年の生まれの71歳。モスクワ音楽院で学び、19歳だった1966年の第3回「チャイコフスキー国際コンクール」で第1位を獲得。世界的な活躍を続けるかたわら、母校モスクワ音楽院で後身の指導に当たり、1986年から1994年まで「チャイコフスキー国際コンクール」の審査委員長を務めた他、エリザベート記念コンクール、ハノーファーや仙台、ヘルシンキ、ザグレブのコンクールの審査員を歴任している。

開催地のクラスノヤルスクは、首都モスクワから東へ約4,100キロ、エニセイ川の河畔に広がるシベリア中部の都市。シベリア連邦管区の本部が置かれ、2019年には冬季ユニバーシアードが開催されることが決まっている。コンクールは16〜30歳を対象としたもので(https://violintretyakov.com)、第1回は2018年9月23日から10月1日にかけて行われる。審査員はトレチャコフの他、ワデム・レーピン(Vadim Repin)、ボリス・クシュニール (Boris Kushnir)、クルト・サッスマンズハウス(Kurt Sassmannshaus)、日本の清水高師(Takashi Shimizu)ら。第1位の賞金は90万ルーブル(約170万円)。

    詳細はこちら ▷

関連記事

  1. モンペリエ発 〓 シュトゥッツマン率いる「オルフェオ55」が活動を停止

  2. ウィーン発 〓 ウィーン・フィルの第2バイオリンの首席奏者クリストフ・コンツが指揮活動

  3. ザルツブルク音楽祭 〓 2019年から「キューネ財団」が最大のスポンサーに

  4. プフォルツハイム発 〓 ダグラス・ボストックが南西ドイツ・プフォルツハイム室内管弦楽団の首席指揮者に

  5. オランジュ音楽祭 〓 2018年のスケジュール発表

  6. バイロイト音楽祭 〓 ゲルギエフが《タンホイザー》の指揮をキャンセル、代役にティーレマン

  7. ウィーン発 〓 ウィーン交響楽団に初のコンサートミストレス

  8. ウィーン発 〓 ウィーン・フィルが2019年の「ニューイヤー・コンサート」のプログラムを発表

  9. ボルチモア発 〓 メリーランド州がボルチモア交響楽団を支援

  10. 東京発 〓 ブロムシュテットが「春の叙勲」で「旭日中綬章」を受章

  11. 東京発 〓 日本フィルの首席客演指揮者にシンガポール出身のカーチュン・ウォン

  12. ストックホルム発 〓 2018年の「ビルギット・ニルソン賞」はシュテンメに

  13. サバンナ発 〓 原田慶太楼が米国サバンナ・フィルハーモニックの音楽・芸術監督に

  14. ウィーン発 〓 楽友協会のトーマス・アンギャン総裁が退任

  15. アムステルダム発 〓 ミヒャエル・ザンデルリングが代役でロイヤル・コンセルトヘボウ管にデビュー

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。