山形発 〓 阪哲朗が山形交響楽団の常任指揮者に

2018/12/01

山形交響楽団が常任指揮者に阪哲朗(Tetsuro Ban)を迎えることになった。任期は2019年4月から。阪は1968年、京都市生まれの50歳。京都市立芸術大学、ウィーン国立音楽演劇大学に学び、1995年の「ブザンソン国際指揮者コンクール」で優勝した。その後、ベルリンのコーミッシェ・オーパーの指揮者を皮切りに、アイゼナハ歌劇場、レーゲンスブルク歌劇場の音楽総監督を歴任するなど、ドイツを中心に活動してきた。阪は両親が山形県出身という繋がりがあり、山形交響楽団では2007年から2009年まで首席客演指揮者を務めていた。2004年に常任指揮者に就任し、2007年から音楽監督を務めてきた飯森範親は芸術総監督のポストに就き、より幅広い活動を担うことになるという。

写真:Tokyo Philharmonic Orchestra


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. [ 新作オペラFLASH 2018 ]ミュンヘン・オペラ・フェスティバル 〓 パルジファル

  2. ザルツブルク音楽祭 〓 ブルーノ・ガンツが《魔笛》を降板

  3. ボルドー発 〓 ミンコフスキがボルドー国立歌劇場との契約を延長

  4. ロサンゼルス発 〓 9月公開の映画「Bel Canto」にルネ・フレミング

  5. 訃報 〓 世界的なバス=バリトン、テオ・アダム

  6. ワシントン発 〓 女性9人がドミンゴのセクハラを告発

  7. ベルリン発 〓 メータ、ベルリン・フィルの名誉会員に

  8. プフォルツハイム発 〓 ダグラス・ボストックが南西ドイツ・プフォルツハイム室内管弦楽団の首席指揮者に

  9. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立歌劇場、音楽総監督にユロフスキ

  10. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルの首席ホルン奏者デヴィッド・クーパーが退団

  11. アムステルダム発 〓 ガッティがロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団と和解

  12. ザルツブルク音楽祭 〓 2018年の夏の音楽祭のプログラムを発表

  13. ロンドン発 〓 エサ=ペッカ・サロネンがフィルハーモニア管を退任、2021年で

  14. ストックホルム発 〓 2018年の「ビルギット・ニルソン賞」はシュテンメに

  15. リスボン発 〓 「オペラリア」2018が閉幕

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。