ロンドン発 〓 エサ=ペッカ・サロネンがフィルハーモニア管を退任、2021年で

2018/12/05

エサ=ペッカ・サロネン(Esa-Pekka Salonen)が12月4日、2008年から首席指揮者を務めるロンドンのフィルハーモニア管弦楽団(Philharmonia Orchestra)を2021年で離れることを発表した。サロネンは1958年、ヘルシンキの生まれ。シベリウス音楽院に学び、1979年にフィンランド放送交響楽団を指揮してデビュー。1985年から1995年までスウェーデン放送交響楽団の首席指揮者、1992年から2009年までロサンジェルス・フィルハーモニックの音楽監督を務め、2009年からは桂冠指揮者を務めている。

写真:Ravello Festival


関連記事

  1. トロント発 〓 トロント交響楽団の音楽監督にグスターボ・ヒメノ

  2. 浜松発 〓 第10回の国際ピアノ・コンクールはトルコのジャン・チャクムルが優勝

  3. グラインドボーン音楽祭 〓 コンクール「オペラ・カップ」終了、優勝はサマンサ・ハンキー

  4. オールドバラ音楽祭 〓 2018年は第70回

  5. アムステルダム発 〓 ロイヤル・コンセルトヘボウ管が米国ツアーの指揮者にハーディングを起用

  6. ローマ発 〓 ダニエレ・ガッティがローマ歌劇場の音楽監督に

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。