ワシントン発 〓 ワシントン・ナショナル・オペラの首席指揮者にエヴァン・ロジスター

2018/09/29

ワシントン・ナショナル・オペラが首席指揮者にエヴァン・ロジスター (Evan Rogister、38)を任命した。フィリップ・オーギャンの後任。ワシントン・ナショナル・オペラはケネディー・センター内にある“大統領のオペラハウス”。1996年から2011にかけて、テノール歌手のプラシド・ドミンゴが監督を務めていた。現在は総監督の下で、演出家のフランチェスカ・ザンベッロが芸術監督を務めている。

ロジスターは米国インディアナ大学でトロンボーンと声楽を専攻、その後、ジュリアード音楽院で指揮を学んだ。その後、米国とヨーロッパのさまざまな歌劇場で経験を積み、2017/18シーズンにはメトロポリタン歌劇場にデビュー。スウェーデンのエーテボリ歌劇場では、2018年から2021年にかけて行われるワーグナー《ニーベルングの指環》4部作上演の指揮を担当することが決まっている。

写真:EvanRogister.com


    詳しくはこちら ▷


関連記事

  1. ミラノ発 〓 スカラ座が新シーズンのラインアップを発表

  2. ベルリン発 〓 アルテミス・カルテットの新メンバー決定

  3. ライプチヒ発 〓 ドイツ・グラモフォンがバッハの全作品を収めた大全集

  4. トリノ発 〓 ジェームズ・コンロンにイタリア共和国功労勲章「コンメンダトーレ」

  5. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場、セクハラ問題でレヴァインを解雇

  6. ミネアポリス発 〓 オスモ・ヴァンスカがミネソタ管の音楽監督を退任

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。