ライプツィヒ発 〓 ライプツィヒ市立オペラが2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

2022/03/26
【最終更新日】2022/07/20

ライプツィヒ市立オペラ(Oper Leipzig)が2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表した。2009年から芸術監督・音楽監督を務めてきたウルフ・シルマー(Ulf Schirmer)は2021/2022シーズンをもって退任、新シーズンからクリストフ・ゲッショルト(Christoph Gedschold)が音楽監督に就任する。

市立オペラはシルマーの最後のシーズンを締め括るべく、新シーズンの開幕に先立つ2022年6月から7月にかけ、ワーグナーの13の歌劇と楽劇を集中上演する音楽祭「ワーグナー22」を行う。《ニーベルングの指環》以外の作品をすべて上演する。2022/2023シーズンの新制作は以下の5作品。

11月4日ー2023年7月7日
ロルツィング《ウンディーネ》
[演出]ティルマン・ケーラー
[指揮]クリストフ・ゲッショルト
[出演]ミリアム・ノイルラー / オレーナ・トカール / ジョゼフ・デニス / マティアス・ハウスマン / カリン・ロヴェリウス / サラ・トローベル / スヴェン・ヒョーレイフソン / ダン・カールストレム / ピーター・ドリンセク

12月21日ー2023年3月18日
ヴェルディ《オテロ》
[演出]モニク・ワーゲマーカース
[指揮]クリストフ・ゲッショルト
[出演]ハビエル・モレノ / ヴラジスラフ・スリムスキー / マティアス・シュティール / ユリア・マリア・ダン / ウルリケ・シュナイダー

2023年1月25日ー3月26日
モーツァルト《ドン・ジョヴァンニ》
[演出]カタリーナ・トーマ
[指揮]ジョナサン・ダーリントン
[出演]ジョナサン・ミチエ / セバスチャン・ピルグリム / サラ・トローベル / ジョシュ・ロヴェル / カトリン・ゲーリング / チャン・セジョン / ピーター・ドリンセク / サマンサ・ガウル

4月7日ー6月13日
ヘンデル《ジュリアス・シーザー》
[演出]ダミアーノ・ミケレット
[指揮]ルベン・ドゥブロフスキー
[出演]ユーリ・ミネンコ / ピーター・ドリンセク / ウルリケ・シュナイダー / カトリン・ゲーリング / オルガ・イェリンコヴァー / レミー・ブレ / フランツ・クサヴァー・シュレヒト

5月20日ー6月16日
ブリテン《ピーター・グライムズ》
[演出]ケイ・リンク
[指揮]クリストフ・ゲッショルト
[出演]ブレンデン・グンネル / ソレン・マングネー / トゥオマス・プルシオ / カリン・ロヴェリウス

写真:Oper Leipzig


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. 大津発 〓 びわ湖ホールが2019年度のラインナップを発表

  2. トリエステ発 〓 トリエステ歌劇場が2023/2024シーズンの公演ラインナップを発表

  3. ロサンゼルス発 〓 第62回「グラミー賞」決まる

  4. モスクワ発 〓 ミハイル・プレトニョフの後任にアレクサンドル・ルディン、ロシア・ナショナル管の音楽監督

  5. ニュルンベルグ発 〓 ヨアナ・マルヴィッツが任期満了をもって州立劇場の音楽総監督を退任

  6. ロンドン発 〓 ロイヤル・オペラが5月17日、新制作の《皇帝ティートの慈悲》で再開場へ

  7. ライプツィヒ発 〓 ライプツィヒ市が次の「トーマスカントル」を募集

  8. パリ発 〓 シャンゼリゼ劇場が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  9. ピアチェンツァ発 〓 市立劇場が5月16日の再開場を発表、ドミンゴ、ムーティの出演続く

  10. ニューヨーク発 〓 ズヴェーデンが2023/2024シーズンでニューヨーク・フィルの音楽監督を退任

  11. トビリシ発 〓 ヴァイオリンのバティアシュヴィリが母国ジョージアに若い音楽家を支援するための財団を設立

  12. ベルリン発 〓 ベルリン州立歌劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  13. ボストン発 〓 空席が続いていたボストン響のコンサートマスターにネイサン・コール

  14. ブリュッセル発 〓 モネ劇場が新制作の《ねじの回転》をストリーミング配信

  15. ニューヨーク発 〓 ニューヨーク・フィルが2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表、次期音楽監督めぐり注目集める客演指揮者たち

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。