ライプツィヒ発 〓 ライプツィヒ市立オペラが2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

2022/03/26
【最終更新日】2022/07/20

ライプツィヒ市立オペラ(Oper Leipzig)が2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表した。2009年から芸術監督・音楽監督を務めてきたウルフ・シルマー(Ulf Schirmer)は2021/2022シーズンをもって退任、新シーズンからクリストフ・ゲッショルト(Christoph Gedschold)が音楽監督に就任する。

市立オペラはシルマーの最後のシーズンを締め括るべく、新シーズンの開幕に先立つ2022年6月から7月にかけ、ワーグナーの13の歌劇と楽劇を集中上演する音楽祭「ワーグナー22」を行う。《ニーベルングの指環》以外の作品をすべて上演する。2022/2023シーズンの新制作は以下の5作品。

11月4日ー2023年7月7日
ロルツィング《ウンディーネ》
[演出]ティルマン・ケーラー
[指揮]クリストフ・ゲッショルト
[出演]ミリアム・ノイルラー / オレーナ・トカール / ジョゼフ・デニス / マティアス・ハウスマン / カリン・ロヴェリウス / サラ・トローベル / スヴェン・ヒョーレイフソン / ダン・カールストレム / ピーター・ドリンセク

12月21日ー2023年3月18日
ヴェルディ《オテロ》
[演出]モニク・ワーゲマーカース
[指揮]クリストフ・ゲッショルト
[出演]ハビエル・モレノ / ヴラジスラフ・スリムスキー / マティアス・シュティール / ユリア・マリア・ダン / ウルリケ・シュナイダー

2023年1月25日ー3月26日
モーツァルト《ドン・ジョヴァンニ》
[演出]カタリーナ・トーマ
[指揮]ジョナサン・ダーリントン
[出演]ジョナサン・ミチエ / セバスチャン・ピルグリム / サラ・トローベル / ジョシュ・ロヴェル / カトリン・ゲーリング / チャン・セジョン / ピーター・ドリンセク / サマンサ・ガウル

4月7日ー6月13日
ヘンデル《ジュリアス・シーザー》
[演出]ダミアーノ・ミケレット
[指揮]ルベン・ドゥブロフスキー
[出演]ユーリ・ミネンコ / ピーター・ドリンセク / ウルリケ・シュナイダー / カトリン・ゲーリング / オルガ・イェリンコヴァー / レミー・ブレ / フランツ・クサヴァー・シュレヒト

5月20日ー6月16日
ブリテン《ピーター・グライムズ》
[演出]ケイ・リンク
[指揮]クリストフ・ゲッショルト
[出演]ブレンデン・グンネル / ソレン・マングネー / トゥオマス・プルシオ / カリン・ロヴェリウス

写真:Oper Leipzig


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ロンドン発 〓 指揮者のラトルが新型コロナに感染、ロンドン響の指揮をキャンセル

  2. ミュンヘン発 〓 テノール歌手のダニエル・プロハスカにバイエルン州から「宮廷歌手」の称号

  3. 東京発 〓 日本フィルの次期首席指揮者にシンガポール出身のカーチュン・ウォン

  4. フランクフルト発 〓 フランクフルト市立オペラが2023/2024シーズンの公演ラインナップを発表

  5. ソウル発 〓 韓国響の次期芸術監督にベルギーの指揮者デイヴィッド・レイランド

  6. パリ発 〓 ヤープ・ファン・ズヴェーデンがフランス放送フィルの次期音楽監督に

  7. フィレンツェ発 〓 フィレンツェ歌劇場でもオーケストラがストライキに突入、《椿姫》の最終公演はメータがピアノを指揮

  8. ベルリン発 〓 ドイツのオペラ雑誌「オペルンヴェルト」が「オブ・ザ・イヤー2023」を発表

  9. サンテス・クレウス発 〓 ジョルディ・サヴァールが新しい音楽祭起ち上げ

  10. フィレンツェ発 〓 5月音楽祭が新制作のジョルダーノ《シベリア》の初日7日の公演をストリーミング配信

  11. ローマ発 〓 ローマ歌劇場が6月の《イル・トロヴァトーレ》の野外公演のストリーミングを開始

  12. ロンドン発 〓 ロイヤル・オペラが5月17日に《皇帝ティートの慈悲》の公演で再開場、公演のストリーミング配信も

  13. バーミンガム発 〓 ミルガ・グラジニーテ=ティーラがバーミンガム市響を退任

  14. ブリュッセル発 〓 大野和士がブリュッセル・フィルの次期音楽監督に

  15. ウィーン発 〓 ウィーン少年合唱団が2021年の海外ツアーをすべてキャンセルも、10月にニュー・アルバムをリリース

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。