訃報 〓 エディタ・グルベローヴァ, スロバキアのソプラノ歌手

2021/10/19

スロバキア生まれのソプラノ歌手エディタ・グルベローヴァ(Edita Gruberová)が10月18日、スイス・チューリッヒで亡くなった。74歳だった。戦後を代表するオペラ歌手の一人で、圧倒的な美声と驚異的な技巧を兼備、世界的な活躍で知られるコロラトゥーラ・ソプラノ。

旧チェコスロバキアのブラチスラヴァ(現在のスロバキアの首都)生まれ。父親はドイツ系で母親はハンガリー系の家庭で育った。ブラチスラヴァ音楽院で音楽の勉強を始め、マリア・メドヴェッカに師事。フランス・トゥールーズの声楽コンクールで優勝後、1968年にブラチスラヴァ歌劇場で《セビリアの理髪師》のロジーナを歌ってオペラ・デビューした。

その後、バンスカー・ビストリツァのJ.G.タヨフスキー劇場の歌手として活動。1969年夏、《魔笛》の夜の女王を歌ってウィーン国立歌劇場のオーディションを受け、1970年に専属歌手の一員となり、それを機に西側に移住した。

1973年には英国のグラインドボーン音楽祭にデビュー、1976年には新制作の《ナクソス島のアリアドネ》のツェルビネッタを歌ってセンセーショナルな成功を収めた。1977年には夜の女王を歌ってニューヨークのメトロポリタン歌劇場にデビューした。

その年、ヘルベルト・フォン・カラヤンが指揮する《ドン・カルロ》に出演してザルツブルク音楽祭にもデビュー。その後、活躍の場を広げ、1980年には初来日。1981年には名演出家ジャン=ピエール・ポネルが演出を手掛けたオペラ映画《リゴレット》に出演、ルチアーノ・パヴァロッティとの共演も実現した。

1984年には英国のロイヤル・オペラ、1987年にはミラノ・スカラ座にもデビュー、幅広いレパートリーで国際的な名声を確立した。中でも、ドニゼッティやベッリーニに代表されるベルカント・オペラの第一人者で、当代を代表する歌手としてでは他の追随を許さなかった。

オペラからの引退は2019年で、バイエルン州立オペラの《ロベルト・デヴリュー》。その後はコンサートやマスタークラス中心の活動に移った。その後、2020年6月にフィレンツェ五月音楽祭に招かれたが、新型コロナウイルスの世界的流行で10月に延期され、最終的にそれもキャンセルされた。

数多くの録音に参加、授賞多数。オーストリアとバイエルンの宮廷歌手、ウィーン国立歌劇場の名誉会員にも叙せられている。夫君は指揮者のフリードリッヒ・ハイダーで共演も多い。また、日本にも多くのファンを抱え、頻繁に来日。自身の半生を語った自叙伝は『うぐいすとバラ』という邦題で日本でも出版されている。

写真:Prague Proms





関連記事

  1. ベルリン発 〓 メルケル政権、コンサートなどのイベントは8月末まで禁止

  2. チューリッヒ発 〓 チューリッヒ歌劇場が新制作の《ホフマン物語》をストリーミング配信

  3. ウィーン発 〓 ソプラノ歌手のリンダ・ワトソンに「宮廷歌手」の称号

  4. ロサンゼルス発 〓 第62回「グラミー賞」決まる

  5. バイロイト発 〓 バイロイト音楽祭《ニュルンベルクのマイスタージンガー》の公演で、ボー・スコウフスが滑り込みで代役務めて公演救う

  6. ウィーン発 〓 今年のサマー・ナイト・コンサートは6月18日と発表、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

  7. バルセロナ発 〓 スペイン放送協会がサグラダ・ファミリア大聖堂でウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の特別コンサート

  8. ウィーン発 〓 国立歌劇場が5月19日に再開場

  9. サンティアゴ発 〓 アンドレ・リュウ率いる“ヨハン・シュトラウス・オーケストラ”がチリで立ち往生

  10. ニューヨーク発 〓 カーネギー・ホールが年内の公演をキャンセル

  11. トーレ・デル・ラーゴ発 〓 プッチーニ・フェスティバル開催決定

  12. ワルシャワ発 〓 台湾政府がショパン国際ピアノ・コンクールに抗議、国名表記めぐり

  13. バレンシア発 〓 バレンシア管弦楽団の次期首席指揮者にアレクサンダー・ リーブライヒ

  14. 訃報 〓 アントン・コッポラ, 米国の指揮者・作曲家

  15. アナベルク発 〓 エルツゲビルゲ劇場の次期音楽総監督にイェンス・ゲオルク・バッハマン

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。