東京発 〓 新日本フィルが2019/2020シーズン定期演奏会のラインナップを発表

2018/11/29
【最終更新日】2019/10/30

新日本フィルハーモニー交響楽団(New Japan Philharmonic)が26日、2019/2020シーズン定期演奏会のラインナップを発表した。2016年に任期5年で音楽監督に就任した上岡敏之(Toshiyuki Kamioka)4年目のシーズン。シーズンを通した話題は、上岡がシューベルトの交響曲全曲演奏に挑むこと。また、トリフォニー・ホールで行わっている「トパーズ・シリーズ」は、金曜日の公演の開演時間が19時15分スタートに変更となることも発表された。

客演する指挥者はポール・マクリーシュ、ニコライ・ズナイダー、デイヴィッド・ロバートソン、ジョゼップ・ポンス、ミシェル・プラッソン、キース・ロックハート、エド・デ・ワールト。カティア・ブニアティシヴィリ、ラルス・フォークト、ユリアーネ・バンゼ、ドミートリイ・マスレーエフといったアーティストとの共演が実現する。

写真:新日本フィルハーモニー交響楽団 / 大窪道治


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. 東京発 〓 ドミンゴが東京五輪イベントへの出演を辞退

  2. 東京発 〓 第31回「高松宮殿下記念世界文化賞」音楽部門はアンネ=ゾフィー・ムター

  3. 東京発 〓 日本音楽財団が「フォイアマン」をカミーユ・トマに貸与

  4. 訃報 〓 佐藤しのぶ, 日本のソプラノ歌手

  5. 東京発 〓 新日本フィルが2020/2021シーズンのラインナップを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。