ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場がドミンゴの劇場デビュー50周年を祝福

2018/11/25

プラシド・ドミンゴ(Plácido Domingo)が今年、メトロポリタン歌劇場にデビューして50周年を迎えた。それを記念するセレモニーが23日、プッチーニの《ジャンニ・スキッキ》終演後に行われた。最近はバリトンが歌う役を歌うことが多くなったドミンゴも、この公演で主人公のジャンニ・スキッキを歌っている。《ジャンニ・スキッキ》を含むプッチーニの三部作は1918年12月にメトロポリタン歌劇場で世界初演されており、その100周年を記念して11月23日から12月15日にかけて上演されている。

ドミンゴのメトロポリタン歌劇場デビューは1968年。フランコ・コレッリの代役として、レナータ・テバルディが主演するチレア《アドリアーナ・ルクヴルール》に出演、マウリツィオ役を歌ってセンセーショナルなデビューを飾った。劇場によれば、この日の出演で演じた役は52を数え、歌手と指揮者としての出演は695回になるという。2019年4月28日には特別にガラ・コンサートも予定されている。

米国からの報道では、式典で劇場の総支配人ピーター・ゲルブから二つのプレゼントが贈られた。一つはステージの床の断片。もう一つはドミンゴが1990年代に《オテロ》出演時に着用していたレザー・ジャケットで、50周年を祝福して金色に染め直されたもの。客席にはマーティナ・アーロヨ、シェリル・ミルンズ、テレサ・ストラータス、ジェームス・モリスら歌手仲間たちの姿もあった。鳴り止まない客席からの熱い拍手に、ドミンゴは目に涙を浮かべていたという。

写真:Metropolitan Opera / Ken Howard


関連記事

  1. 東京発 〓 NHK交響楽団が2019/2020シーズンの公演ラインナップを発表

  2. METサマーHDフェスティバル 〓 この夏のラインナップを発表

  3. ストックホルム発 〓 スウェーデン放送響がハーディングとの契約を延長

  4. バーミンガム発 〓 山田一樹がバーミンガム市交響楽団の首席客員指揮者に

  5. ボローニャ発 〓 ボローニャ歌劇場が2019年の上演ラインナップを発表

  6. ミュンヘン発 〓 アリス=紗良・オットが多発性硬化症を公表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。