ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場がドミンゴの劇場デビュー50周年を祝福

2018/11/25

プラシド・ドミンゴ(Plácido Domingo)が今年、メトロポリタン歌劇場にデビューして50周年を迎えた。それを記念するセレモニーが23日、プッチーニの《ジャンニ・スキッキ》終演後に行われた。最近はバリトンが歌う役を歌うことが多くなったドミンゴも、この公演で主人公のジャンニ・スキッキを歌っている。《ジャンニ・スキッキ》を含むプッチーニの三部作は1918年12月にメトロポリタン歌劇場で世界初演されており、その100周年を記念して11月23日から12月15日にかけて上演されている。

ドミンゴのメトロポリタン歌劇場デビューは1968年。フランコ・コレッリの代役として、レナータ・テバルディが主演するチレア《アドリアーナ・ルクヴルール》に出演、マウリツィオ役を歌ってセンセーショナルなデビューを飾った。劇場によれば、この日の出演で演じた役は52を数え、歌手と指揮者としての出演は695回になるという。2019年4月28日には特別にガラ・コンサートも予定されている。

米国からの報道では、式典で劇場の総支配人ピーター・ゲルブから二つのプレゼントが贈られた。一つはステージの床の断片。もう一つはドミンゴが1990年代に《オテロ》出演時に着用していたレザー・ジャケットで、50周年を祝福して金色に染め直されたもの。客席にはマーティナ・アーロヨ、シェリル・ミルンズ、テレサ・ストラータス、ジェームス・モリスら歌手仲間たちの姿もあった。鳴り止まない客席からの熱い拍手に、ドミンゴは目に涙を浮かべていたという。

写真:Metropolitan Opera / Ken Howard


関連記事

  1. シカゴ発 〓 シカゴ響がムーティとの契約を延長

  2. オスロ発 〓 ノルウェー国立オペラが2018/2019シーズンのラインナップを発表

  3. テルアビブ発 〓 ワーグナーの音楽を放送したラジオ局が謝罪

  4. テネリフェ発 〓 テネリフェ交響楽団の首席指揮者にアントニオ・メンデス

  5. プラハ発 〓 国立歌劇場の音楽監督にカール・ハインツ・シュテフェンス

  6. パリ発 〓 国立オペラ総裁の後任選びで面接!?

  7. ミュンヘン発 〓 バイエルン放送交響楽団に新コンサートマスター

  8. ザルツブルク音楽祭 〓 2019年から「キューネ財団」が最大のスポンサーに

  9. アムステルダム発 〓 オランダ放送フィルの次期首席指揮者にカネラキス

  10. ザルツブルク発 〓 州立劇場の首席指揮者にスリランカ生まれのレスリー・スガナンダラージャ

  11. マグデブルク発 〓 主役歌手二人のキャンセルでマグデブルク劇場が公演さしかえ

  12. ブリュッセル発 〓 フィラデルフィア管弦楽団の演奏会が中断、パレスティナ擁護の叫びで

  13. ボン・ベートーヴェン・フェスティバル 〓 2018年の音楽祭が終了、来年のテーマは「月光」

  14. クラスノヤルスク発 〓 トレチャコフ国際ヴァイオリン・コンクール、1位はドガーディン、2位に北川

  15. 訃報 〓 ヒルデ・ザデク, ドイツのソプラノ歌手

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。