ロンドン発 〓 ロイヤル・オペラ・ハウスがパッパーノとの契約を延長

2018/11/05

ロイヤル・オペラ・ハウス(Royal Opera House)がアントニオ・パッパーノ(Antonio Pappano)との契約を延長した。彼は2002年から音楽監督を務めており、任期は2022/2023シーズン修了まで伸びる。ただ、2019/2020シーズンは休暇を取り、その間にスカラ座、メトロポリタン歌劇場、ベルリン州立歌劇場などに客演するという。パッパーノは1959年、イングランドのエセックス州エピング生まれ。両親はイタリア人で、2005年からはローマのサンタ・チェチーリア国立アカデミー管弦楽団の音楽監督も務めている。

写真:Musacchio & Ianniello / EMI Classics

    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. コルドバ発 〓 コルドバ管弦楽団が芸術監督にカルロス・ドミンゲス=ニエト

  2. トランス=シベリア芸術祭 〓 2018年の芸術祭が開幕

  3. 香港発 〓 香港フィルがズヴェーデン指揮のマーラーを200ドルで

  4. シカゴ発 〓 ムーティ、ストライキの現場へ

  5. ニューヨーク発 〓 テノールのカマレナがMETのアンコール記録を更新

  6. パリ発 〓 イル・ド・フランス国立管弦楽団が楽譜代わりにiPad

  7. ローマ発 〓 ゼフィレッリ、96歳になる2020年に《リゴレット》を演出へ

  8. サンディエゴ発 〓 エド・デ・ワールトがサンディエゴ響の首席客演指揮者に

  9. パリ発 〓 ハーディングの後任にクラウス・マケラ、パリ管の次期音楽監督

  10. ミュンヘン発 〓 バイエルン放送交響楽団に新コンサートマスター

  11. チューリヒ発 〓 チューリヒ歌劇場が2019/2020シーズンの上演ラインナップを発表

  12. ヘルシンキ発 〓 スザンナ・マルッキがヘルシンキ・フィルとの契約延長

  13. タリン発 〓 エストニア国立「アルヴォ・ペルト・センター」がオープン

  14. レーゲンスブルク発 〓 台湾出身のチンジャオ・リンがレーゲンスブルク歌劇場の音楽総監督に

  15. ハンブルク発 〓 州立歌劇場が2018/2019シーズンのラインアップを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。