上海発 〓 イスラエル・フィルの中国公演がキャンセル

2018/04/27
【最終更新日】2018/04/28

6月10日に上海で行われる予定だったイスラエル・フィルハーモニー管弦楽団の公演が招聘元によってキャンセルされた。上海のコンサートは、ズービン・メータの指揮、ソリストにピアノのラン・ラン(郎朗)を迎えてガーシュインの《ラプソディー・イン・ブルー》などを演奏する予定だったが、メータが昨年末に肩の手術を受けたことで指揮者はラハフ・シャニに交代、招聘元がそれに満足せずキャンセルしたという。

シャニは1989年、テルアビブ生まれ。2013年にバンベルク交響楽団主催する「マーラー国際指揮者コンクール」で優勝して注目を集め、2018/2019シーズンからはロッテルダム・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者を務めている。イスラエル・フィルは1969年、メータを33歳の若さで音楽監督に迎えているが、シャニはそれをさらに上回り、2020/2021シーズンから31歳の若さでそのバトンを受け継ぐことが決まっている。

関連記事

  1. ブダペスト発 〓 ハンガリー国立歌劇場が初の米国ツアー

  2. ウィーン発 〓 ヤンソンスがウィーン・フィルハーモニーの名誉団員に

  3. ウィーン発 〓 イシュトヴァーン・ヴァルダイがハインリヒ・シフの後任に

  4. エーテボリ発 〓 エーテボリ交響楽団が首席客演指揮者にバーバラ・ハンニガン

  5. ミルウォーキー発 〓 ミルウォーキー交響楽団の音楽監督に謙=デイヴィッド・マズア

  6. ワルシャワ発 〓 もう一つの「ショパン・コンクール」創設

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。