オーハイ音楽祭 〓 ソプラノのバーバラ・ハニガンがグラミー賞「ベスト・クラシック・ソロ・アルバム」を獲得

2018/02/03
【最終更新日】2018/02/06

現代音楽の分野を中心に活躍するカナダ出身のソプラノ、バーバラ・ハニガンのアルバム「クレイジー・ガール・クレイジー」がグラミー賞の「ベスト・クラシック・ソロ・アルバム」を獲得した。ハニガンは2019年、オーハイ音楽祭の音楽監督を務めることが決まっている。「クレイジー・ガール・クレイジー」は、20世紀の声楽作品を集めて女性に光を当てた一枚で、ベルクの《ルル》、ガーシュインの《Girl Crazy》、 ベリオの《セクエンツァIII》の音楽を集め、それを作曲家のビル・エリオットが編集・再編した。ハニガンは歌うだけでなく、自ら指揮も手掛けている。

    音楽祭情報はこちら ▶

関連記事

  1. シカゴ発 〓 ムーティ、ストライキの現場へ

  2. グラインドボーン音楽祭 〓 2019年のスケジュールを発表

  3. シカゴ発 〓 ムーティーが労働協約めぐり楽団員を擁護

  4. ワシントン発 〓 作曲家フィリップ・グラスがケネディ・センター名誉賞を受賞

  5. ザルツブルク音楽祭 〓 ベルギーの若手歌手が「夜の女王」の代役で大成功

  6. リガ発 〓 マルタン・エングストロームがラトビアに新しい音楽祭を創設

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。