ストックホルム発 〓 バリトンのハーゲゴールにセクハラ疑惑、役職辞任

2018/05/01

スウェーデンを代表するオペラ歌手、バリトンのホーカン・ハーゲゴール(Hakan Hagegard)にセクシュアル・ハラスメント疑惑が浮上、ストックホルムの王立音楽アカデミー、オスロのノルウェー国立音楽大学などのポストを辞任した。王立音楽アカデミーは「理事会はハーゲゴールの決定を歓迎する」という声明を発表した。スウェーデンでは昨年11月22日、クラシック音楽ラジオ局「P2」が、ストックホルムやオスロでセクハラ被害を受けた女性たちにインタビューしたドキュメンタリー番組を放送。名指しこそしていないが、著名な音楽家によるセクシュアル・ハラスメントが放置されていると告発していた。

ハーゲゴールは1945年、スウェーデン中西部カールスタード生まれの72歳。王立音楽院、オーストリア・ザルツブルクのモーツァルテウム音楽院で学んでオペラ・デビュー。イングマール・ベルイマン監督による1975年公開のスウェーデンの映画「魔笛」でパパゲーノの演じて注目を集めた後、世界各地の著名な歌劇場に出演を重ねた。最近は後進の指導に尽力、ストックホルムに実験的なスタジオを起ち上げていた。ソプラノのバーバラ・ボニーと結婚していた時期もある。

関連記事

  1. ルツェルン音楽祭 〓 2019年の夏の音楽祭の概要を発表

  2. クラスノヤルスク発 〓 空港にバリトンのホフストフスキーの名前

  3. ベルリン発 〓 ドイツ・グラモフォンが120周年記念コンサートをライブ配信

  4. ベルリン発 〓 演出家のバリー・コスキーが契約延長せず

  5. リッチモンド発 〓 次回のメニューイン・コンクールの審査委員長はパメラ・フランク

  6. ソウル発 〓 ソウル市立交響楽団の首席指揮者にオスモ・ヴァンスカ

  7. ザルツブルク音楽祭 〓 2019年から「キューネ財団」が最大のスポンサーに

  8. ダラス発 〓 ダラス交響楽団の次期音楽監督にファビオ・ルイージ

  9. 第2回「スピヴァコフ国際ヴァイオリン・コンクール」はスペインのマリア・ドゥエニャスが優勝

  10. ハンブルク発 〓 ハンブルク国際音楽祭が2019年のスケジュールを発表

  11. METサマーHDフェスティバル 〓 この夏のラインナップを発表

  12. マインツ発 〓 作曲家イェルク・ヴィトマンに第4回「ロベルト・シューマン」賞

  13. セイジ・オザワ松本フェスティバル 〓 小澤征爾が指揮予定の3公演を降板

  14. ドレスデン発 〓 ザクセン州立歌劇場(ゼンパーオパー)、2018/2019シーズンのラインナップを発表

  15. ザルツブルク音楽祭 〓 ブルーノ・ガンツが《魔笛》を降板

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。