ハンブルク発 〓 ドイツ・グラモフォンが史上初めて女性指揮者と専属契約

2019/02/01

ドイツ・グラモフォン(Deutsche Grammophon)がリトアニア出身の女性指揮者、ミルガ・グラジニーテ=ティーラ(Mirga Gražinytė-Tyla)と専属契約を結んだ。ドイツ・グラモフォンが女性指揮者と契約を結ぶのは史上初という。グラジニーテ=ティーラは1986年、リトアニアのヴィリニュス生まれの32歳。グラーツ、チューリヒなどで学び、2012年に「ネスレ – ザルツブルク音楽祭ヤング・コンダクターズ・アワード」を受賞。2016年からアンドリス・ネルソンスの後任としてバーミンガム市交響楽団の音楽監督を務めている。昨年、契約を延長し、2021年まで任期が伸びたばかり。

デビュー・アルバムは5月にリリースされる予定で、ポーランドの作曲家ミェチスワフ・ヴァインベルク(Mieczysław Wajnberg)の作品集になるという。ヴァインベルクは1919年生まれで(1996年没)、2019年に生誕100周年を迎える。ナチス・ドイツが設けた「ワルシャワ・ゲットー」の犠牲者に捧げられた交響曲第21番《カディッシュ》と初期の交響曲第2番がアルバムに収められるという。録音には手兵のバーミンガム市交響楽団の他、クレメラータ・バルティカとヴァイオリニストのギドン・クレーメルが参加しているという。

写真:City of Birmingham Symphony Orchestra / Chris Christoudolou / BBC


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. 大阪発 〓 大阪フィルを指揮して、デュトワが日本の音楽シーンに復帰

  2. 訃報 〓 ハンス・コックス, オランダの作曲家

  3. オーハイ音楽祭 〓 ソプラノのバーバラ・ハニガンがグラミー賞「ベスト・クラシック・ソロ・アルバム」を獲得

  4. ザルツブルク復活祭音楽祭 〓 ペーター・ルジツカの後任の次期芸術監督にニコラウス・バッハラー

  5. ヴェルビエ音楽祭 〓 2019年の音楽祭のプログラムを発表

  6. ハンブルク発 〓 アンネ・ソフィー・フォン・オッターが「#MeToo運動」に異議

  7. ヘルシンキ発 〓 国立歌劇場の首席指揮者にハンヌ・リントゥ

  8. ブリュッセル発 〓 フィラデルフィア管弦楽団の演奏会が中断、パレスティナ擁護の叫びで

  9. ミラノ発 〓 スカラ座総裁にウィーン国立歌劇場総裁のドミニク・マイヤー

  10. ベルリン発 〓 バレンボイムがベルリン州立歌劇場との契約延長

  11. ウィーン発 〓 ウィーン・フィルがティーレマンの指揮でブルックナーの交響曲全曲演奏

  12. アムステルダム発 〓 ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団がセクハラ疑惑を報じられた首席指揮者のダニエル・ガッティを解任

  13. ハンブルク発 〓 ハンブルク国際音楽祭が2019年のスケジュールを発表

  14. ウィーン発 〓 イシュトヴァーン・ヴァルダイがハインリヒ・シフの後任に

  15. アントワープ発 〓 香港出身のエリム・チャンがアントワープ交響楽団の音楽監督に

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。