ハンブルク発 〓 ドイツ・グラモフォンが史上初めて女性指揮者と専属契約

2019/02/01

ドイツ・グラモフォン(Deutsche Grammophon)がリトアニア出身の女性指揮者、ミルガ・グラジニーテ=ティーラ(Mirga Gražinytė-Tyla)と専属契約を結んだ。ドイツ・グラモフォンが女性指揮者と契約を結ぶのは史上初という。グラジニーテ=ティーラは1986年、リトアニアのヴィリニュス生まれの32歳。グラーツ、チューリヒなどで学び、2012年に「ネスレ – ザルツブルク音楽祭ヤング・コンダクターズ・アワード」を受賞。2016年からアンドリス・ネルソンスの後任としてバーミンガム市交響楽団の音楽監督を務めている。昨年、契約を延長し、2021年まで任期が伸びたばかり。

デビュー・アルバムは5月にリリースされる予定で、ポーランドの作曲家ミェチスワフ・ヴァインベルク(Mieczysław Wajnberg)の作品集になるという。ヴァインベルクは1919年生まれで(1996年没)、2019年に生誕100周年を迎える。ナチス・ドイツが設けた「ワルシャワ・ゲットー」の犠牲者に捧げられた交響曲第21番《カディッシュ》と初期の交響曲第2番がアルバムに収められるという。録音には手兵のバーミンガム市交響楽団の他、クレメラータ・バルティカとヴァイオリニストのギドン・クレーメルが参加しているという。

写真:City of Birmingham Symphony Orchestra / Chris Christoudolou / BBC


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立歌劇場、2018/2019シーズンのラインナップを発表

  2. 武生国際音楽祭 〓 音楽監督の細川俊夫のオペラ《松風》が日本初演

  3. バンベルグ発 〓 ヤクブ・フルシャがバンベルグ交響楽団との契約を延長

  4. マールボロ音楽祭 〓 ピアノのジョナサン・ビスが内田光子と共同芸術監督に

  5. ニューヨーク発 〓 作曲家のタン・ドゥンがバード音楽院のトップに

  6. パリ発 〓 ハーディングの後任にクラウス・マケラ、パリ管の次期音楽監督

  7. ザルツブルク復活祭音楽祭 〓 ペーター・ルジツカの後任の次期芸術監督にニコラウス・バッハラー

  8. トリノ発 〓 RAI国立交響楽団の開幕コンサートをライブ放送

  9. デュッセルドルフ発 〓 シューマンの旧居を博物館に

  10. ライプチヒ発 〓 ドイツ・グラモフォンがバッハの全作品を収めた大全集

  11. ロンドン発 〓 ダリア・ポーラがBBC交響楽団の首席客演指揮者に

  12. ローマ発 〓 アルゲリッチにイタリア共和国功労勲章

  13. 上海発 〓 イスラエル・フィルの中国公演がキャンセル

  14. オランジュ音楽祭 〓 《セビリアの理髪師》を8月2日未明にストリーミング配信

  15. ベルファスト発 〓 アルスター管が次期首席指揮者にダニエレ・ルスティオーニ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。