デュッセルドルフ発 〓 ライン・ドイツ・オペラが2018/2019シーズンのラインナップを発表

2018/05/26
【最終更新日】2018/08/21

デュッセルドルフにあるライン・ドイツ・オペラ2018/2019シーズンのラインナップを発表した。プレミア(新演出上演)は10演目。ワーグナー《ニーベルングの指環》チクルスから、今シーズンは《神々の黄昏》と《ジークフリート》が上演される。ジェームズ・レイノルズ、アンノ・シュライアーの珍しい作品もある。歌劇場の音楽総監督は2013年から、アクセル・コーバー(Axel Kober)。コーバーは1970年、ドイツ・クロナッハ生まれ。2013年、2014年にバイロイト音楽祭でワーグナー《タンホイザー》指揮している。

ストラヴィンスキー《ペトルーシュカ》
ラヴェル《子供と魔法》
10月13日, 2018 – 12月11日, 2018
指揮:ルーカス・バイキルヒャー / マルク・ピオレ
演出:スザンヌ・アンドラーデ / エズミ・アップルトン


ワーグナー《神々の黄昏》
10月27日, 2018 – 6月23日, 2019
指揮:アクセル・コーバー
演出:ディートリッヒ・ヒルスドルフ


ヴェルディ《オテロ》
11月15日, 2018 – 5月4日, 2019
指揮:アントニーノ・フォリアーニ / アクセル・ケーラー
演出:ミヒャエル・タールハイマー


ヨハン・シュトラウスⅡ《こうもり》
12月8日, 2018 – 6月20日, 2019
指揮:ベンジャミン・ライネルス
演出:アクセル・ケーラー


ドニゼッティ:《マリア・ ストゥアルダ》
12月19日, 2018 -2月9日, 2019
指揮:ルーカス・バイキルヒャー / アントニーノ・フォリアーニ
演出:ガイ・ヨーステン


ワーグナー《ジークフリート》
1月26日, 2019 – 6月20日, 2019
指揮:アクセル・コーバー
演出:ディートリッヒ・ヒルスドルフ


シュライアー《Too Bad That She Was Whore》
2月16日, 2019 – 3月17日, 2019
指揮:ルーカス・バイキルヒャー
演出:デヴィッド・ヘルマン


グノー《ロメオとジュリエット》
3月30日, 2019 – 5月26日, 2019
指揮:ディヴィッド・クレシェンツィ
演出:Philipp Westerbarkei


チャイコフスキー《スペードの女王》
5月25日, 2019 – 7月14日, 2019
指揮:アジス・ショハキモフ
演出:リディア・スタイアー


レイノルズ《幽霊騎士》
6月19日, 2019 – 7月10日, 2019
指揮:パトリック・フランシス・チェスナット
演出:エリック・ペーターゼン


写真:Deutsche Oper am Rhein

    詳細はこちら ▷

関連記事

  1. ストックホルム発 〓 2018年の「ビルギット・ニルソン賞」はシュテンメに

  2. クラスノヤルスク発 〓 トレチャコフ国際ヴァイオリン・コンクール、1位はドガーディン、2位に北川

  3. ヒルヒェンバッハ発 〓 南ヴェストファーレン・フィルが首席指揮者にナビル・シェハタ

  4. グラーツ発 〓 グラーツ歌劇場が2018/2019シーズンのラインナップを発表

  5. ベルリン発 〓 ベルリン・ドイツ響の新しいコンサート・マスターにマリーナ・グローマン

  6. テルアビブ発 〓 メータがイスラエル・フィルと“さよならコンサート”

  7. 東京発 〓 ロイヤル・オペラ、日本ツアーの詳細決まる

  8. シカゴ発 〓 ショルティ指揮者アワード2018にロデリック・コックスに

  9. ロンドン発 〓 ロイヤル・オペラ・ハウスがパッパーノとの契約を延長

  10. ベルリン発 〓 メータ、ベルリン・フィルの名誉会員に

  11. ザルツブルク音楽祭 〓 ベルギーの若手歌手が「夜の女王」の代役で大成功

  12. ブラティスラヴァ発 〓 スロヴァキア国立劇場の音楽監督が交代

  13. 訃報 〓 世界的なバス=バリトン、テオ・アダム

  14. シカゴ発 〓 ムーティ、ストライキの現場へ

  15. ロサンゼルス発 〓 ドミンゴが新しい役に挑戦

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。