エルル・チロル音楽祭 〓 グスタフ・クーンの後任の芸術監督決まる

2018/10/25

オーストリアの「エルル・チロル音楽祭=Tiroler Festspiele Erl」が2019年9月から、空席となっている芸術監督にフランクフルト州立歌劇場の総裁ベルント・ローベ(Bernd Loebe, 65)を招くことになった。指揮者のグスタフ・クーン(73)の後任。クーンは音楽祭が創設された1997年から芸術監督を務めてきたが、今年に入ってセクハラ疑惑が浮上。複数の女性から被害が報告されたことからそのポストを辞任していた。音楽祭が行われるエルルはザルツブルクから車で1時間ほどのチロル州の街。音楽祭は7月上旬から下旬にかけて開幕され、2018年は期間中にワーグナー《ニーベルングの指環》4部作の上演が行っている。

写真:Oper Frankfurt / Maik Scharfscheer


関連記事

  1. ゲッティンゲン・ヘンデル音楽祭 〓 次期音楽監督にジョージ・ペトロウ

  2. ザルツブルク音楽祭 〓 ブルーノ・ガンツが《魔笛》を降板

  3. グラインドボーン音楽祭 〓 来年からのツアー指揮者にベン・グラスバーグを起用

  4. ボン・ベートーヴェン・フェスティバル 〓 2018年の音楽祭が終了、来年のテーマは「月光」

  5. オランジュ音楽祭 〓 《セビリアの理髪師》を8月2日未明にストリーミング配信

  6. バイロイト音楽祭 〓 2019年の《タンホイザー》でゲルギエフが音楽祭デビュー

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。