ワルシャワ発 〓 新しい“ショパン・コンクール”終了

2018/09/15

ワルシャワで今年誕生した新しいピアノ・コンクール「International Chopin Competition on Period Instruments」は13日に本選が行われ、トマシュ・リッター(ポーランド、写真左端)が第1位(15000€)を獲得した。第2位(10000€)はアレクサンドラ・シフィグット(ポーランド、写真左から2番目)と川口成彦(日本)、3位(5000€)はクシシュトフ・クションジェク(ポーランド)。コンクールはポーランド国立ショパン研究所、ポーランド放送などの主催で、古楽器を演奏する世界的にも珍しい存在。開催は5年に一度で、参加資格は18歳から35歳。10人の審査員には、アンドレアス・シュタイアー、ニコライ・デミジェンコ、アレクセイ・リュビモフ、エヴァ・ポブウォツカ、ダン・タイ・ソンなど、有名ピアニストが顔を揃えている。使用されるピアノは、Erard(1838)、Erard Piano(1849)、Erard(1858)、Pleyel(1848)、Pleyel piano(1854)、John Broadwood & Sons(1843)、Pianoforte Graf(1819Copy)、Fryderyk Buchholtz(1824-25Copy)。

写真:Darek Golik / NIFC

    詳しくはこちら ▷


関連記事

  1. パリ発 〓 「ロン=ティボー=クレスパン国際コンクール」のヴァイオリン部門は、ウクライナのディアナ・ティシュチェンコが優勝

  2. 第2回「スピヴァコフ国際ヴァイオリン・コンクール」はスペインのマリア・ドゥエニャスが優勝

  3. ニューヨーク 〓 メトロポリタン歌劇場「ナショナル・カウンシル・オーディション」で5人に栄誉

  4. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場、2018/19シーズン・ラインナップを発表

  5. 東京発 〓 カラスのドキュメンタリー作品「私は、マリア・カラス」12月から日本で公開

  6. バルセロナ発 〓 リセウ劇場が2019/2020シーズンの公演ラインナップを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。