ロンドン発 〓 グラモフォン・アワード2018決定

2018/09/01

英国のクラシック音楽専門誌「グラモフォン」による「グラモフォン・アワード2018=Gramophone Classical Music Awards」が8月31日に発表された。賞は1977年の創設で、前年1年の録音が対象。10部門あり、クラシック音楽界で最も権威のある賞の一つ。「グラモフォン」誌の批評家などを中心に、放送局や音楽業界のさまざまなメンバーによって選出されている。9月13日にロンドン市内で行われる授賞式は「medici.tv」がライブ・ストリーミングで配信する。

Chamber Award
ドヴォルザーク:ピアノ五重奏曲第2番、他
パヴェル・ハース四重奏団、ボリス・ギルトブルグ(ピアノ)、パヴェル・ニクル(ヴィオラ)

Choral Award
シュニトケ:悔悛の詩編、ペルト:マニフィカト、他
カスパルス・プトニンシュ(指揮)、エストニア・フィルハーモニック室内合唱団

Concerto Award
バルトーク:ヴァイオリン協奏曲第1番、第2番
クリスティアン・テツラフ(ヴァイオリン)、ハンヌ・リントゥ(指揮)、フィンランド放送交響楽団

Contemporary Award
デュサパン:弦楽四重奏曲第6番, 第7番
アルディッティ弦楽四重奏団、パスカル・ロフェ(指揮)、フランス放送フィルハーモニー管弦楽団

Early Music Award
ピーターハウスのパートブックの音楽第5巻
スコット・メトカーフ(指揮)、ブルー・ヘロン(ヴォーカル・アンサンブル)

Instrumental Award
ブラームス:3つの間奏曲、6つの小品、他
アルカーディ・ヴォロドス(ピアノ)

Opera Award
ベルリオーズ:オペラ《トロイ人》
ジョイス・ディドナート(メゾ・ソプラノ)、マイケル・スパイレス(テノール)、マリー=ニコル・ルミュー(コントラルト)、マリアンヌ・クレバッサ(メゾ・ソプラノ)、ジョン・ネルソン(指揮)、ストラスブール・フィルハーモニー管弦楽団、ライン国立歌劇場合唱団、バーデン州立歌劇場合唱団

Orchestral Award
ラヴェル:バレエ音楽「ダフニスとクロエ」全曲
フランソワ=グザヴィエ・ロト(指揮)、レ・シエクル(管弦楽)、アンサンブル・エデス(合唱)

Recital Award
アジタータ……法悦と官能のイタリア・バロック ~オペラ作曲家たちのアリアとカンタータ~
デルフィーヌ・ガルー(アルト)、オッターヴィオ・ダントーネ(指揮)、アカデミア・ビザンチナ(管弦楽)

Solo Vocal Award
秘め事……フランスの歌
マリアンヌ・クレバッサ(メゾ・ソプラノ)、ファジル・サイ(ピアノ)

写真:Askonas Holt

    詳しくはこちら ▷


関連記事

  1. パリ発 〓 国立オペラ総裁の後任選びで面接!?

  2. パリ発 〓 「ロン=ティボー=クレスパン国際コンクール」のヴァイオリン部門は、ウクライナのディアナ・ティシュチェンコが優勝

  3. パリ発 〓 パリ国立オペラのコンサート・マスターにペッテリ・イーヴォネン

  4. アムステルダム発 〓 ハイティンクが引退を表明

  5. ミュンヘン発 〓 永田音響設計が「ガスタイク」の音響設計を担当

  6. デュッセルドルフ発 〓 ライン・ドイツ・オペラが2018/2019シーズンのラインナップを発表

  7. ハノーファー発 〓 アンドルー・マンゼが北ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団との契約を更改

  8. ウィーン発 〓 ウィーン・フィルがティーレマンの指揮でブルックナーの交響曲全曲演奏

  9. ミュンヘン発 〓 ミュンヘンに新ホール、バイエルン放送交響楽団の本拠地に

  10. シカゴ発 〓 シカゴ響がムーティとの契約を延長

  11. ウィーン発 〓 メータが「オペルンバル」の指揮をキャンセル

  12. テルアビブ発 〓 ワーグナーの音楽を放送したラジオ局が謝罪

  13. 訃報 〓 ロシアのバス歌手、マキシム・ミハイロフ

  14. 訃報 〓 シルヴィア・ゲスティ、ハンガリーのソプラノ

  15. ラス・パルマス発 〓 「オペラ・ラス・パルマス」が2019シーズンのラインナップを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。