モスクワ発 〓 ボリショイ劇場博物館が創立100周年の記念展示

2018/12/24

ボリショイ劇場博物館で創立100周年記念展示が開幕した。ボリショイ劇場の開館は1776年、女帝エカテリーナ2世がモスクワに大衆向けの大劇場の建設を認め、ヤウザ川のほとりで公演を行った時とされ、2016年にはそれを記念して開館240年の記念祭が行われている。今回の展示は、そうした華やかな歴史を彩ってきた衣装、スケッチ、道具、写真、資料など約600点を集めており、過去最大規模。

ピエール・カルダンがデザインしたマイヤ・プリセツカヤの衣装をはじめ、アレクサンドル・ゴールスキー、アンナ・パブロワ、フョードル・シャリアピン、ガリーナ・ウラノワなど、劇場の歴史に名を残すアーティストたち衣装などが集められている。また、1951年のドレス・リハーサルでエロチックという判断されて使われなかった子供のバレエ「ドラゴン・フライ」の衣装、許可が下りなかったステージのスケッチ、検閲を通らなかったポスターなど、これまで表に出ていなかったものも数多く展示されている。

写真:State Academic Bolshoi Theater Museum


関連記事

  1. マルメ発 〓 次期音楽監督に米国の指揮者ロバート・トレヴィーノ

  2. ロサンゼルス発 〓 ロサンゼルス・オペラが2019/2020シーズンのラインナップを発表

  3. ロンドン発 〓 イングリッシュ・ナショナル・オペラが土曜夜の公演を18歳以下に無料開放

  4. ウィーン発 〓 ウィーン国立歌劇場管のコンサートマスターにフョードル・ルディン

  5. アムステルダム発 〓 ボストン響がコンサートに遅刻、曲目も変更

  6. カーディフ発 〓 英国ウェルシュ・ナショナル・オペラのトップに米国シアトル・オペラの総監督

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。