バイロイト音楽祭 〓 2019年のスケジュールを発表

2018/08/30

8月29日に閉幕したバイロイト音楽祭が来年2019年のスケジュールを発表した。《ニーベルングの指環》4部作の新制作は2020年に予定されており、2019年も上演はない。会期は7月25日から8月28日。2019の新制作は25日の音楽祭の開幕を飾る《タンホイザー》のみで、新選出を手掛けるのはトビアス・クラッツァー。タンホイザー役はステファン・グールド。この公演を指揮するワレリー・ゲルギエフが音楽祭デビューを果たす。《タンホイザー》以外に上演されるのは、《パルジファル》、《ローエングリン》、《トリスタンとイゾルデ》。28日の《トリスタンとイゾルデ》で音楽祭は閉幕する。

2019年は作曲家の息子ジークフリート・ワーグナーの生誕150周年とその息子のウォルフガング・ワーグナーの生誕100年が重なる節目の年。ウォルフガングの誕生日は開幕前日の7月24日で、記念行事も計画されている。また、音楽祭については、2018年の音楽祭が閉幕した時点で、クリスティアン・ティーレマンは2000年の音楽祭デビューから通算164公演を指揮したことになり、それまでの161公演を指揮していたダニエル・バレンボイムの記録を抜いたという話題もある。

写真:bayreuther-festspiele / Kay Herschelmann

    詳しくはこちら ▷


関連記事

  1. ハンブルク発 〓 州立歌劇場が2019/2020シーズンの上演ラインナップを発表

  2. ヴェルディ・フェスティバル 〓 2019年は4作品を上演

  3. ケルン発 〓 ケルン放送管弦楽団、常任指揮者ウェイン・マーシャル退任へ

  4. ベルリン発 〓 演出家のバリー・コスキーが契約延長せず

  5. ボン・ベートーヴェン・フェスティバル 〓 2018年の音楽祭が終了、来年のテーマは「月光」

  6. レーゲンスブルク発 〓 台湾出身のチンジャオ・リンがレーゲンスブルク歌劇場の音楽総監督に

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。