ザルツブルク音楽祭 〓 ブルーノ・ガンツが《魔笛》を降板

2018/07/13

ドイツ演劇界の大物ブルーノ・ガンツ(Bruno Ganz、77)が体調不良により、モーツァルト《魔笛》公演から降板することになった。音楽祭によると、リハーサルには参加していたという。7月27日から音楽祭で上演が始まる《魔笛》は、コンスタンティノス・カリーディスの指揮と旬の歌手たち、女流演出家のリディア・スタイアーが新演出を手掛ける話題のプログラム一つだった。ガンツはスイス・チューリッヒ生まれで、ドイツ演劇界で活躍。1987年製作の「ベルリン・天使の詩」、2004年の「ヒトラー 〜最期の12日間〜」などの映画で知られる。今回はスタイアーが独自に設けた「語り手」という役を演じることになっていた。代役はオーストリアの名優クラウス・マリア・ブランダウアー(Klaus Maria Brandauer、74)が務める。ブランダウアーは1983年から1989年にかけ、音楽祭の舞台「イェーダーマン」に出演した他、2010年の舞台「コロノスのオイディプス」にも出演している。

写真:Salzburger Festspiele / Ruth Walz

関連記事

  1. 白夜の星音楽祭 〓 2018年のスケジュールを発表

  2. ジュネーブ発 〓 ジュネーブ国際音楽コンクールのピアノ部門が終了

  3. グラーツ発 〓 オクサーナ・リーニフが劇場との契約を延長せず

  4. エディンバラ発 〓 ユーロヴィジョン若手音楽家コンクール2018でイワン・ベッソノフが優勝

  5. ウィーン発 〓 ウィーン・フィルがティーレマンの指揮でブルックナーの交響曲全曲演奏

  6. ウィーン発 〓 2020年の「ニューイヤー・コンサート」の指揮者はネルソンス

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。