ロンドン発 〓 18歳のチェリスト、カネー=メイソンのデビュー・アルバムが快走

2018/08/18

5月19日の英国王室ヘンリー王子とメーガン・マークルさんのロイヤル・ウェディングで演奏を披露した18歳のチェリスト、シェク・カネー=メイソン(Sheku Kanneh-Mason)のデビュー・アルバムが快走を続けている。全世界で売れ上げが10万枚を突破、英国のヒットチャートのクラシック部門では13週続けてトップをキープしている。カネー=メイソンは1999年、ノッティンガムの生まれ。王立音楽アカデミーで学び、2016年の「BBCヤング・ミュージシャンのコンクール」で優勝、大手レーベルDECCAがすぐに専属契約を結んだことで注目を浴びた。デビュー・アルバム「インスピレーション」には、コンクールで演奏したショスタコーヴィチのチェロ協奏曲第1番の他、ボブ・マーリーの《ノー・ウーマン、ノー・クライ》、レナード・コーエンの《ハレルヤ》から、カザルスの《鳥の歌》などが収録されている。

写真:IMG / Lars Borges



関連記事

  1. ウィーン発 〓 ウィーン・フィルがティーレマンの指揮でブルックナーの交響曲全曲演奏

  2. フランクフルト発 〓 エベーヌ四重奏団に「フランクフルト音楽賞」2019

  3. ベルゲン発 〓 エドワード・ガードナーがベルゲン・フィルとの契約を延長

  4. プラハ発 〓 プラハ国民劇場が次期芸術監督にノルウェー国立オペラの前芸術監督を招聘

  5. ドレスデン発 〓 ザクセン州立歌劇場(ゼンパーオパー)、2018/2019シーズンのラインナップを発表

  6. グラインドボーン音楽祭 〓 総監督のセバスチャン・シュワルツが辞任

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。