パレルモ発 〓 マッシモ劇場が2024/2025シーズンの公演ラインナップを発表

2024/07/05

イタリア・パレルモのマッシモ劇場が2024/2025シーズンの公演ラインナップを発表した。開幕を飾るのは、パレルモ初演となるリゲティの《ル・グラン・マカーブル》。バルボラ・ホラコヴァー・ジョリーの演出、音楽監督を務めるオメール・メイア・ヴェルバーの指揮。

リゲティ《ル・グラン・マカーブル》
11月24日ー12月1日
[演出]バルボラ・ホラコヴァー・ジョリー
[指揮]オメール・メイア・ヴェルバー
[出演]未発表

ヴェルディ《オテロ》
2025年1月24日ー1月30日
[演出]マリオ・マルトーネ
[指揮]ヤデル・ビニャミーニ
[出演]ユシフ・エイヴァゾフ / ニコラ・アライモ / バルノ・イスマトゥラーエヴァ

グノー《ファウスト》
3月19日ー3月25日
[演出]ファビオ・チェレーザ
[指揮]ダニエル・オーレン
[出演]イヴァン・アヨン・リーヴァス / フェデリカ・グイーダ / アーウィン・シュロット / ニコラ・クルジャル

ドニゼッティ《愛の妙薬》
4月11日ー4月18日
[演出]ルッジェーロ・カプッチョ
[指揮]ガブリエレ・フェッロ
[出演]ルネ・バルベラ / デジレ・ランカトーレ / ガレアーノ・サラス / ジュリア・マッツォーラ

リヒャルト・シュトラウス《サロメ》
5月20日ー5月27日
[演出]ブルーノ・ ラヴェラ
[指揮]オメール・メイア・ヴェルバー
[出演]アストリード・ケスラー / チャールズ・ワークマン / アンナ・マリア・キウリ

ロッシーニ《セビリアの理髪師》
9月17日ー9月25日
[演出]ステファニア・ボンファデッリ
[指揮]ジャコモ・サグリパンティ
[出演]ディミトリ・コルチャック / マリア・カターエワ / マッティア・オリヴィエーリ

スカルラッティ《ミトリダーテ・エウパトーレ》
10月5日ー10月12日
[演出]チェチーリア・リゴーリオ
[指揮]ジュリオ・プランディ
[出演]ユーリイ・ミネンコ / アリアンナ・ヴェンディテッリ / カルメラ・レミージョ / フランチェスカ・アショーティ / レナート・ドルチーニ

ベッリーニ《夢遊病の女》
10月17日ー10月23日
[演出]バルバラ・リュック
[指揮]ジュゼッペ・メンゴリ
[出演]ジェシカ・プラット / ルース・イニエスタ / フランチェスコ・デムーロ


写真:America-Israel Cultural Foundation


関連記事

  1. ウィーン発 〓 フルートのカレッドゥ、ウィーン・フィルの依頼を快諾

  2. ウィーン発 〓 国立歌劇場が4月第5週のストリーミング・ラインナップを発表、新制作の《ファウスト》はライブで

  3. イエナ発 〓 イエナ・フィルが音楽総監督のジモン・ガウデンツとの契約を延長

  4. ポズナン発 〓 ポズナン・フィルハーモニー管弦楽団の次期音楽監督にウカシュ・ボロヴィチ

  5. サンフランシスコ発 〓 サンフランシスコ・オペラがオペラの衣装をオンラインで販売

  6. 訃報 〓 オリヴァー・ナッセン(66)英国の作曲家

  7. リーズ発 〓 リーズ国際ピアノコンクールが予選通過者を発表

  8. ワシントン発 〓 ジャナンドレア・ノセダがナショナル響とウクライナ国歌

  9. ノヴァーラ発 〓 名門「グイード・カンテルリ国際指揮者コンクール」が復活

  10. ミュンヘン発 〓 世界最大のビールの祭典「オクトーバーフェスト」も中止

  11. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立オペラがゲルギエフに加え、ネトレプコの今後の出演をキャンセル

  12. テルアビブ発 〓 イスラエル・フィルの弦楽セクションが若返り

  13. リスボン発 〓 ピアノのマリア・ジョアン・ピレシュが現場復帰を報告

  14. ブリュッセル発 〓 モネ劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  15. ベルリン発 〓 州立オペラの次期インテンダントにオーストリアの女流演出家エリザベート・ソボトカ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。