パリ発 〓 フランスの週刊風刺新聞が指揮者のフランソワ=グザヴィエ・ロトのセクハラ行為を告発

2024/05/23

フランスの週刊風刺新聞「カナール・アンシェネ」が指揮者のフランソワ=グザヴィエ・ロト(François-Xavier Roth)のセクハラ行為を告発する記事を掲載した。これを受けてシャンゼリゼ劇場は22日、「レ・シエクル」のコンサートの指揮者を、アドリアン・ペルションに交代させた。

報道によると、7人の音楽家がこの指揮者をセクハラで、1人の女性が性的暴行で告発。音楽監督を務めるドイツ・ケルンのギュルツェニヒ管弦楽団のメンバーからオーケストラの専務理事に宛てた、ロトが女性楽団員に性的暴行を加えたことを告発する手紙もあり、オーケストラ側はその存在を認めているという。

また、フランス国立放送フィルハーモニー管弦楽団のコンサートマスターを務めていたヴァイオリニストのマリー=アニック・ニコラは「バーチャル・シャワー」に誘われたと告発しており、同様にロトから猥褻な写真を送り付けられた者もいるという。オーケストラ側は取材に対して、2019年にパリ市からロトについての疑惑を知らされていたことを認めている。ロトは取材に「親密なメッセージを送った」と認め、「もし行き過ぎたことをしてしまったのなら、傷つけたかもしれない人たちに謝りたい」と語っている。

ロトはパリ生まれの52歳。パリ高等音楽院で学んで指揮者として活動を始め、2003年には作曲年代に合わせて楽器を使い分けるオーケストラ「レ・シエクル」を創設。その活動で注目を集め、その後、国際的に活躍の場を広げている。

現在はケルン市の音楽総監督として(2024/2025シーズンの終わりまで)、ケルン市立歌劇場とそのピットにも入るギュルツェニヒ管を率い、ロンドン交響楽団の首席客演指揮者、フランス・トゥールコワンのアトリエ・リリックの芸術監督も務め、2025/2026年シーズンからドイツ・シュトゥットガルトを本拠地とするSWR交響楽団の首席指揮者兼芸術監督に就任することが決まっている。

写真:Salzburger Festspiele


関連記事

  1. 訃報 〓 斎藤雅広(62)日本のピアニスト

  2. ウィーン発 〓 国立歌劇場に続いて、ウィーン・フィル主催の舞踏会も中止

  3. 浜松発 〓 浜松国際ピアノコンクールが第11回コンクールの開催概要を発表

  4. 訃報 〓 グウェンドリン・キルブリュー(80)アメリカのメゾ・ソプラノ歌手

  5. ベルリン発 〓 ティーレマンがベルリン州立オペラの音楽総監督に、バレンボイムの後任

  6. ニューヨーク発 〓 カーネギーホールもワクチン接種証明の提示が必要

  7. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立オペラが芸術総監督を退任するバッハラーへ送別コンサート、ストリーミング配信も

  8. ウィーン発 〓 コンツェルトハウスがクルレンツィス&ムジカエテルナのコンサートをキャンセル、ウクライナ大使の要請受け

  9. パリ発 〓 エマニュエル・クリヴィヌが音楽監督を辞任

  10. ウィーン発 〓 アン・デア・ウィーン劇場が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  11. 東京発 〓 NHK交響楽団が2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表、トゥガン・ソヒエフも客演

  12. ウィーン発 〓 ウィーン響の首席指揮者にペトル・ポペルカ、アンドレス・オロスコ=エストラーダの後任

  13. シュヴェリーン発 〓 メクレンブルク州立劇場、コーミッシェ・オーパーもシーズン終了

  14. フランクフルト発 〓 ジョナサン・ノットがユンゲ・ドイチェ・フィルとの契約を延長

  15. ミュンヘン発 〓 バイエルン放送響が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。