キール発 〓 市立劇場の音楽総監督ベンジャミン・ライナースが2023/2024シーズンをもって退任

2022/05/12

ドイツのキール市立劇場が音楽総監督を務める指揮者のベンジャミン・ライナース(Benjamin Reiners)が2023/2024シーズンをもって退任すると発表した。ライナースは2019/2020シーズンからその任にある。

退任発表に当たり、本人は「現在のポストは、芸術的な仕事に加えて、広範な管理・組織的な仕事という特殊性があります。この分野で得た経験にはとても感謝していますが、将来はもう一度音楽や芸術活動に集中して取り組みたい」とコメント。契約延長を望まなかったことを明らかにしている。

ライナースは1983年、ドイツ・デュイスブルク生まれの35歳。デトモルト音楽大学で指揮を、ケルン音楽舞踏大学でプロテスタント教会音楽を学び、2009年にミュンヘンのゲルトナープラッツ劇場の指揮者陣に加わった。

その後、ハノーファー州立歌劇場、マンハイム国民劇場の指揮者を経て、キールで初めて音楽総監督に就任。2019年の就任記念コンサートでは、シュテファン・ヨハンネス・ハンケの作品の世界初演を行い、後にドイツの「ヒンデミット賞」を受賞している。

写真:Theater Kiel / Thomas Eisenkrätzer


関連記事

  1. 訃報 〓 アンソニー・ペイン, 英国の作曲家

  2. ミラノ発 〓 ゲルギエフがイタリア国内の資産売却を進めていると、イタリアの有力紙が報道

  3. パリ発 〓 フランス国立管の組合がフランス放送フィルのストライキに同調

  4. ロンドン発 〓 ガーディナー率いるモンテヴェルディ合唱団ら3団体の新しい本拠地は聖マーティン・イン・ザ・フィールズ教会

  5. テルアビブ発 〓 イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団が演奏会を再開

  6. ブリュッセル発 〓 モネ劇場が新しい公演スケジュールを発表

  7. ボローニャ発 〓 市立歌劇場が2022年の公演ラインナップを発表

  8. ロンドン発 〓 指揮者のラトルが新型コロナに感染、ロンドン響の指揮をキャンセル

  9. バーミンガム発 〓 ミルガ・グラジニーテ=ティーラが新型コロナウイルス検査で陽性反応

  10. ベルリン発 〓 ベルリン放送響が2020/2021シーズンのラインナップを発表

  11. ミュンヘン発 〓 ミュンヘン・フィルが新シーズンの開幕コンサート

  12. アムステルダム発 〓 コンセルトヘボウが8日からネット上で「マーラー・フェスティバル」

  13. ニューヨーク発 〓 カーネギーホールがゲルギエフに“追加制裁”、5月のマリインスキー管との公演もキャンセル

  14. ヴェルビエ発 〓 ゲルギエフがヴェルビエ音楽祭オーケストラの音楽監督を辞任

  15. ワシントン発 〓 ヴァイオリニストの五嶋みどりにケネディ・センター名誉賞

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。