カッセル発 〓 州立劇場の音楽総監督にラトビアの指揮者アイナルス・ルビキス

2024/07/04

ドイツのカッセル州立劇場(Staatstheaters Kassel)がラトビアの指揮者アイナルス・ルビキス(Ainars Rubikis)を次期音楽総監督に迎えると発表した。2017年からその任にあるフランチェスコ・アンジェリコの後任で、任期は2025/2026シーズンから。

ルビキスはラトビアの首都リガ生まれの45歳。2010年にバンベルク交響楽団が主宰する「グスタフ・マーラー指揮者コンクール」で優勝、翌年には第2回「ネスレ&ザルツブルク音楽祭若手指揮者賞」を受賞して注目を集めた。

ロシアのノヴォシビルスク国立アカデミック・オペラ・バレエ劇場の音楽監督兼首席指揮者(2012ー2014)を経て、2018年から2022年までベルリン・コーミッシェ・オーパーの音楽総監督を務め、欧米の歌劇場、オーケストラへの客演多数。

写真:Latvijas Radio 3


関連記事

  1. パリ発 〓 フランス国立管弦楽団のソロ・フルート奏者にシルビア・カレッドゥ

  2. ミラノ発 〓 スカラ座のトップ、当初の予定通りこの9月でオルトンビーナに交代

  3. ローマ発 〓 レヴァイン、次はサンタ・チェチーリア国立アカデミー管

  4. ベルリン発 〓 ベルリン州立オペラが芸術監督ソボトカ、音楽総監督ティーレマンの最初のシーズン2024/2025シーズンの公演ラインナップを発表

  5. マンチェスター発 〓 カーチュン・ウォンが日フィルに続いて、ハレ管の首席指揮者に

  6. バーミンガム発 〓 ミルガ・グラジニーテ=ティーラが新型コロナウイルス検査で陽性反応

  7. シュトゥットガルト発 〓 クルレンツィスツィスがコンサートのプログラムを変更、ウクライナとロシアの作曲家の作品を同時に入れる

  8. クラクフ発 〓 作曲家ペンデレツキの国葬が故郷クラクフで

  9. アムステルダム発 〓 コンセルトヘボウがリベンジへ、来年5月に「マーラー・フェスティバル」

  10. 訃報 〓 ガブリエル・フムラ(74)ポーランドの指揮者

  11. ハンブルク発 〓 フィンランドの俊英タルモ・ペルトコスキが老舗レーベル「ドイツ・グラモフォン」と契約

  12. パリ発 〓 ドゥダメル、2022/2023シーズンでパリ国立オペラの音楽監督を辞任

  13. ワルシャワ発 〓 ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団の次期音楽監督にアンドレイ・ボレイコ

  14. ミュンヘン発 〓 青木尚佳がミュンヘン・フィル初の女性コンサートマスターとしてデビュー

  15. ドレスデン発 〓 ドレスデン・フィルの首席客演指揮者にノルウェーのタビタ・ベルグルンド

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。