東京発 〓 紀尾井ホール室内管が首席指揮者のトレヴァー・ピノックとの契約を延長

2024/06/26

紀尾井ホール室内管弦楽団(Kioi Hall Chamber Orchestra Tokyo)がこのほど、第3代の首席指揮者を務めるトレヴァー・ピノック(Trevor Pinnock)との契約を延長した。ピノックは2022年度から3シーズンの任期でその任にあり、今回の契約更改で、任期は2028年3月まで延びる。

ピノックは英国カンタベリー生まれの77歳。少年時代からカンタベリー大聖堂の聖歌隊員を務めるかたわら、ピアノとオルガンを学び、その後、ロンドンの王立音楽大学(RCM)に進んでチェンバロとオルガンを修めた。学生時代から「ガリヤード・トリオ」を結成、アカデミー室内管弦楽団などで演奏を重ねた。

1973年にオリジナル楽器によるアンサンブル「イングリッシュ・コンサート」を設立して、指揮、独奏の双方で活発な活動を行い、また、数々の録音で名声を確立。2003年に「イングリッシュ・コンサート」の音楽監督をアンドルー・マンゼに引き継いでからはフリーの演奏家として活動している。

紀尾井ホール室内管デビューは、旧・紀尾井シンフォニエッタ東京時代の2004年10⽉。2025年は紀尾井ホール、オーケストラにとって30周年という節目の年で、ホール改修&リニューアル・オープンも予定されているが、3月にはオーケストラ初となる演奏会形式のオペラ上演としてモーツァルトの《コジ・ファン・トゥッテ》に取り組むという。

写真:Kioi Hall / Tomoko Hidaki


  もっと詳しく ▷


関連記事

  1. 訃報 〓 オトマール・マーガ(90)ドイツの指揮者

  2. ウィーン発 〓 フルートのカレッドゥ、ウィーン・フィルの依頼を快諾

  3. 訃報 〓 ティト・デル・ビアンコ(88)イタリアのテノール歌手

  4. アルテンブルク発 〓 アルテンブルク・ゲラ劇場が音楽総監督のルーベン・ガザリアンとの契約を延長

  5. ウィーン発 〓 フィリップ・ジョルダン、国立歌劇場の音楽監督退任へ

  6. クリーブランド発 〓 クリーブランド管がセクハラ認定、コンサートマスターと首席トロンボーンを解任

  7. 東京発 〓 新日本フィルハーモニー交響楽団の次期音楽監督に佐渡裕

  8. ヴィースバーデン発 〓 ヘッセン州立劇場が2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  9. ニューヨーク発 〓 映画『The Song of Names』、北米での公開始まる

  10. ベルリン発 〓 ベルリン州立オペラが新制作の《フィガロの結婚》をライブ・ストリーミング

  11. 訃報 〓 タリン・フィービッグ(49)オーストラリアのソプラノ歌手

  12. シュトゥットガルト発 〓 クルレンツィスツィスがコンサートのプログラムを変更、ウクライナとロシアの作曲家の作品を同時に入れる

  13. カラカス発 〓 「エル・システマ」がギネス記録に挑戦、12,000人が会する超ド級演奏会

  14. カーディフ発 〓 BBCカーディフ国際声楽コンクールで韓国出身のキム・ギフンが優勝

  15. ボストン発 〓 ボストン響が年内の公演を断念

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。