[ 新作オペラFLASH 2018 ]ザルツブルク音楽祭 〓 魔笛

2018/08/01
【最終更新日】2018/08/17

ザルツブルク初登場のリディア・スタイアーはヨーロッパで頭角を現してきた女流演出家。サーカスの世界を連想させる彼女のキッチュでメルヘンチックな演出には好意的な批評が並ぶ。スタイアーはセリフを大幅にカットし、「おじいさん」という役を新たに設けたのが特徴。彼がナレーターとして、3人の子供たちに物語を語るというスタイルを取り入れ、ストーリーを再構成した。公演直前に「おじいさん」に予定されたブルーノ・ガンツが降板、クラウス・ マリア・ブランダウアーにチェンジするというピンチも乗り越えた。物語の舞台は第1次大戦直前のサーカスの世界(?)ということで、捕らわれたパミーナは的に縛り付けられ、モノスタトスが彼女にナイフを投げつけるといった具合。そこにザラストロが現れ、パミーナを救うという段取り。登場人物の衣裳もカラフルでお祭り騒ぎの盛り上がり。

初日:7月27日 … 祝祭大劇場
[演出]リディア・スタイアー
[出演]マティアス・ゲルネ(ザラストロ)
    マウロ・ペーター(タミーノ)
    アルビナ・シャギムラトヴァ(夜の女王)
    クリスティアーネ・カルク(パミーナ)
    アダム・プラチェトカ(パパゲーノ)
    マリア・ナザーロワ(パパゲーナ)
    マイケル・ポーター(モノスタトス)
    クラウス・ マリア・ブランダウアー(おじいさん)
[指揮]コンスタンティノス・カリーディス
[演奏]ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

写真:Salzburger Festspiele / Ruth Walz


    音楽祭のサイトへ ▷

関連記事

  1. グラフェネッグ音楽祭 〓 2019年の概要を発表

  2. ザルツブルク音楽祭 〓 ソコロフのリサイタル中に祝祭大劇場の天井から雨漏り

  3. ザルツブルク音楽祭 〓 ブルーノ・ガンツが《魔笛》を降板

  4. ウィーン発 〓 ウィーン放送交響楽団が首席指揮者にマリン・オールソップ

  5. ブレゲンツ音楽祭 〓 2021年、2022年はホモキ演出の《蝶々夫人》

  6. グラーツ発 〓 グラーツ歌劇場が2018/2019シーズンのラインナップを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。