シュタイアー発 〓 「オーストリア音楽劇場賞」の最優秀指揮者にフランツ・ウェルザー=メスト

2021/08/03

今年の「オーストリア音楽劇場賞=Österreichischer Musiktheaterpreis」の授賞式が2日、シュタイアーのランバーグ城で行われた。今年の特別メディア賞を受賞したのはヨナス・カウフマン(Jonas Kaufmann)。また、功績賞にオーストリアのテノール歌手ハインツ・ツェドニクに贈られた。

賞は2013年の創設で、オーストリア国内のオペラ、オペレッタ、ミュージカル、バレエの卓越したパフォーマンスに対して授与されている。音楽ジャーナリストや放送局の芸術担当者ら9人の審査員が13部門の受賞者を選んでいる。

授賞したカウフマンはミュンヘン生まれの52歳。スター歌手としての活躍は知られるところで、今回も「テレビ番組やストリーミングパフォーマンスへの出演を通じて、この歌手はパンデミックの時代でも音楽劇場が脚光を浴びることを確実にすることに多大な貢献をした」と評価された。

主要な賞の受賞者は、以下の通り。

 最優秀指揮者:フランツ・ウェルザー=メスト(ザルツブルク音楽祭のリヒャルト・シュトラウス《エレクトラ》で) 
 最優秀プロダクション:ザルツブルク音楽祭のモーツァルト《コジ・ファン・トゥッテ》
 最優秀演出家:クリストフ・ロイ(ザルツブルク音楽祭のモーツァルト《コジ・ファン・トゥッテ》で)
 主演女優:エルザ・ドライジグ(ザルツブルク音楽祭のモーツァルト《コジ・ファン・トゥッテ》で)
 助演女優:ラウラ・シュナイダーハン(チロル州立劇場のクライスラー《今夜:ローラ・ブラウ》で)
 主演男優:ピョートル・ベチャワ(アン・デア・ウィーン劇場のモニューシュコ《ハルカ》で)
 助演男優:ラファエル・ヘルビッヒ・コストカ(リンツ州立劇場のブリテン《ルクレティアの陵辱》で)
 最優秀オーケストラ:ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

写真:Österreichischer Musiktheaterpreis


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ニューヨーク発 〓 ポリーニが心臓病の療養で全米ツアーを中止、藤田真央が代役でカーネギー・ホールにデビュー

  2. ニュルンベルグ発 〓 ヨアナ・マルヴィッツが任期満了をもって州立劇場の音楽総監督を退任

  3. プラハ発 〓 プラハ放送響の次期首席指揮者にペトル・ポペルカ

  4. ナポリ発 〓 サン・カルロ劇場が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  5. ウィーン発 〓 レオンカヴァッロ《ザザ》で新シーズン開幕、アン・デア・ウィーン劇場

  6. カルガリー発 〓 第10回「ホーネンス国際ピアノ・コンクール」の覇者はウクライナ出身のイリヤ・オフチャレンコ

  7. ワルシャワ発 〓 アントニ・ヴィトの80歳の誕生日コンサートに気候活動家が乱入

  8. 訃報 〓 シルヴィア・ゲスティ(84)ハンガリーのソプラノ

  9. ザルツブルク発 〓 ザルツブルク音楽祭が2021年夏の公演ラインナップを発表

  10. アムステルダム発 〓 オランダは全土で部分的なロックダウンへ

  11. ロッテルダム発 〓 音楽界でウクライナへの連帯表明広がる、ロッテルダム・フィル、バーデン=バーデン音楽祭もゲルギエフにプーチン大統領との決別を要求

  12. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルが「ヨーロッパ・コンサート」の開催地を変更、ウクライナのオデーサからラトビアのリエパーヤへ

  13. ブレゲンツ発 〓 ブレゲンツ音楽祭がフィンランド国立歌劇場の芸術監督リリ・パーシキヴィを次期芸術監督に

  14. クリーブランド発 〓 癌治療中のウェルザー=メストが1月からクリーブランド管の指揮台に

  15. ボストン発 〓 ボストン響が音楽監督のネルソンスと期限なしの契約更改

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。