東京発 〓 「全国共同制作オペラ」が2024年度にプッチーニ《ラ・ボエーム》を新制作、指揮は井上

2024/04/15

全国の劇場、芸術団体が連携してオペラを共同制作する「全国共同制作オペラ」が2024年度、没後100年を迎えるプッチーニの歌劇《ラ・ボエーム》を取り上げると発表した。指揮は今年で引退を発表している井上道義、舞踊家で演出家の森山開次が演出・振付・美術・衣裳を手掛ける。9月下旬から11月にかけて、全国7都市で計8公演が予定されている。

上演されるのは、東京芸術劇場、名取市文化会館、ロームシアター京都、兵庫県立芸術文化センター、熊本県立劇場、金沢歌劇座、ミューザ川崎シンフォニーホール。新演出を手掛ける森山は井上の指名を受け、「全国共同制作オペラ」が2018年度に製作・上演したモーツァルト《ドン・ジョヴァンニ》で初めてオペラの演出を手掛けている。

歌手陣は200人以上の応募者の中から井上と森山がオーディションで選抜。ミミとムゼッタはダブルキャストで、ミミには髙橋絵理とアルメニア出身のルザン・マンタシャン、ムゼッタにはロシア出身のイローナ・レヴォルスカヤと中川郁文が起用される。また、ロドルフォは全公演、工藤和真が歌う。

写真:全国共同制作オペラ


  もっと詳しく ▷


 

関連記事

  1. アムステルダム発 〓 オランダ国立オペラ・バレエがツェムリンスキー《こびと》をライブ・ストリーム

  2. ベルリン発 〓 ソプラノのアンナ・トモワ=シントウがベルリン州立歌劇場の名誉会員に

  3. パリ発 〓 フランス国立管弦楽団のソロ・フルート奏者にシルビア・カレッドゥ

  4. 東京発 〓 新国立劇場がストリーミング配信のための新しいプラットフォーム開設

  5. ボルドー発 〓 ボルドー国立オペラの次期芸術総監督にエマニュエル・オンドレ、マルク・ミンコフスキは退任

  6. ボーフム発 〓 ルール・トリエンナーレも中止を発表

  7. ウィーン発 〓 国立歌劇場が新作の《カルメン》のストリーミング配信へ、カストロノーヴォの代役にベチャワ、ラチヴェリシュヴィリは現場復帰

  8. ベルリン発 〓 バレンボイムが当面の演奏活動の休止を発表

  9. ベルリン発 〓 バレンボイムが健康上の理由から、5月1日のベルリン・フィル「ヨーロッパ・コンサート」の指揮から降板

  10. パリ発 〓 フランスでも新型コロナウイルス禍広がる、文化大臣も感染

  11. ザルツブルグ発 〓 モーツァルト週間が2024年の公演ラインナップを発表、テーマは「モーツァルトとサリエリ」

  12. バイロイト発 〓 ジョン・ルンドグレンが《さまよえるオランダ人》からも降板、バイロイト音楽祭の出演をすべてキャンセル

  13. ジュネーブ発 〓 国際音楽コンクール世界連盟がチャイコフスキー国際コンクールを追放

  14. ロンドン発 〓 王立音楽院がパッパーノ、カウフマンに名誉博士号

  15. プラハ発 〓 プラジャーク・クヮルテットが2021年に解散

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。