エアフルト発 〓 ドイツのエアフルト・フィルハーモニー管弦楽団が次期音楽監督にアレクサンダー・プライアー

2021/07/31

ドイツのエアフルト・フィルハーモニー管弦楽団(Philharmonische Orchester Erfurt)が次期音楽監督にイギリスの指揮者アレクサンダー・プライアー(Alexander Prior)を迎えると発表した。

マイロン・ミカイリディス(Myron Michailidis)の後任で、任期は2022/2023シーズンから4年間。今回の選考は111人の応募者の中から行われたという。

プライアはロンドン生まれの28歳。父親はイギリス人、母親はロシア人で、8歳から作曲を始めて神童の誉れ高く、これまでに交響曲、協奏曲、2つのバレエ、2つのオペラ、ベスランの子供たちのためのレクイエムを含む40以上の作品を書いている。

13歳でロシアのサンクト・ペテルブルク音楽院に入学、2009年に17歳で卒業。その後、指揮者に道に進み、2018/19シーズンからカナダのエドモントン交響楽団の首席指揮者を務めている。

写真:Alexander Prior / Diana Unt


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ブッパータール発 〓 オーストリアの若手指揮者パトリック・ハーンがブッパータール市との契約を延長

  2. ローマ発 〓 ローマ歌劇場が2023/2024シーズンの公演ラインナップを発表

  3. ボゴタ発 〓 ボゴタ・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督にスウェーデンのヨアキム・グスタフソン

  4. ルツェルン発 〓 ルツェルン響の次期首席指揮者にミヒャエル・ザンデルリング

  5. ウィーン発 〓 国立歌劇場が5月19日に再開場

  6. ベルリン発 〓 ティーレマンがベルリン州立オペラの音楽総監督に、バレンボイムの後任

  7. シカゴ発 〓 ムーティーがシカゴ響の音楽監督退任を示唆

  8. ハノーファー発 〓 州立劇場が2024/2025シーズンの公演ラインナップを発表、第2カペルマイスターの熊倉優が新制作の2作品を指揮

  9. 訃報 〓 マリス・ヤンソンス(76)ラトビアの指揮者

  10. ライプチヒ発 〓 中部ドイツ放送響の首席指揮者にデニス・ラッセル・デイヴィス

  11. グラーツ発 〓 オクサーナ・リーニフが劇場との契約を延長せず

  12. 浜松発 〓 国際ピアノ・コンクール中止の浜松で、初の国際ピアノ・フェスティバルを開催

  13. トロント発 〓 ヴァイオリンのエリサ・チッテリオが音楽監督兼コンサートマスターを務めるターフェルムジーク・バロック管弦楽団を退団

  14. 香港発 〓 香港フィルが日本、韓国ツアーを中止

  15. プラハ発 〓 チェコの国民劇場が新制作の《ドン・ジョヴァンニ》をライブ・ストリーミング

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。