ウィーン発 〓 ポーランド出身のウツィア・マジアーがウィーン放送響のコンサートマスターに

2024/03/29

ウィーン放送交響楽団(Radio-Symphonieorchester Wien)がポーランド出身のヴァイオリニスト、ウツィア・マジアー(Łucja Madziar)を第1コンサートマスターを迎えると発表した。マイグレアド・マクランと第1コンサートマスターを兼任する。マジアーは2021年までベルリン・ドイツ・オペラ管弦楽団のコンサートマスターを務めていた。

1981年、ポズナンの生まれ。ロストック音楽院で学び、ドイツのクロスター・シェンタール国際コンクール、クロアチアのヴァーツラフ・フムル国際コンクールで優勝、ウィーンのフリッツ・クライスラー・コンクールにも入賞している。エッセン・フィルハーモニー管弦楽団(2006ー2010)、ニーダーザクセン州立ハノーファー・フィルハーモニー管弦楽団(2010ー2014)、ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団(2015/2016シーズン)を歴任している。

また、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団、バイエルン州立歌劇場管弦楽団、ベルリン・シュターツカペレ(ベルリン州立歌劇場管弦楽団)、ケルン・ギュルツェニヒ管弦楽団、WDR放送管弦楽団など、ドイツを代表するオーケストラに客演コンサートマスターとして出演を重ねてきた。

ソリストとしての活動に加え、室内楽にも積極的に取り組んでおり、ピアノのカタリーナ・セルハイム、チェロのヨハネス・クレブスとハノーファー・ピアノ三重奏団を創立。ボンのベートーヴェン音楽祭、メクレンブルク=フォアポンメルン音楽祭などのヨーロッパや北米の音楽祭に多数出演している。

写真:Staatstheater Hannover


関連記事

  1. ミラノ発 〓 スカラ座が恒例の12月7日の開幕を断念

  2. ニュルンベルク発 〓 市が財政難で新しいコンサートホールの建設を延期

  3. ニコシア発 〓 ギュンター・ノイホルトがキプロス響の芸術監督に

  4. シドニー発 〓 オペラハウスが5日に《メリー・ウィドウ》で再開場

  5. ロンドン発 〓 「最も忙しい指揮者」はネルソンス、クラシック統計ランキングで

  6. ボストン発 〓 ボストン響が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  7. リューベック発 〓 シュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭も開催を中止

  8. ニュルンベルク発 〓 ニュルンベルク交響楽団の首席指揮者を今シーズンで退任、カーチュン・ウォン

  9. ベルリン発 〓 指揮者サイモン・ラトルにドイツ連邦政府最高位の勲章

  10. 訃報 〓 ケネス・ギルバート(88)カナダ出身のチェンバロ奏者

  11. ボーンマス発 〓 ボーンマス響の首席客演指揮者にマーク・ウィッグルスワース

  12. ダブリン発 〓 RTÉ国立交響楽団が首席指揮者にスペイン出身のハイメ・マルティーン

  13. ウィーン発 〓 オーストリアもロックダウン

  14. ライプツィヒ発 〓 ゲヴァントハウス管が夏の音楽祭

  15. ウィーン発 〓 オーストリアが22日から再び完全なロックダウン、劇場は閉鎖

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。