パルマ発 〓 第1回「トスカニーニ・フェスティバル」が開幕

2022/06/07

イタリアのパルマで5日、第1回の「トスカニーニ・フェスティバル」が開幕した。パルマは20世紀を代表するイタリアの巨匠指揮者トスカニーニの故郷で、7月12日までの音楽祭ではオペラ1作品を上演、コンサートが16回開かれ、講演会やシンポジウムなどが行われる。

音楽祭はフィレンツェ歌劇場の総監督やヴァッレ・ディートリア音楽祭の芸術監督を歴任してきたアルベルト・トリオラが総裁に就任、指揮者のオメール・メイア・ヴェルバーが音楽監督を務め、パルマを拠点とするアルトゥーロ・トスカニーニ・フィルハーモニー管弦楽団がレジデント・オーケストラを務める。開幕の5日はヴェルバーの指揮で、プッチーニの最初のオペラ《妖精ヴィッリ》の元になった《ル・ウィリス》がセレーネ・ザネッティ、ウラディーミル・ストヤノフが出演して上演された。

6月22日には作曲家ヴェルディの故郷として知られるパルマ近郊ブッセートで、「レナータ・テバルディ」の100歳の誕生日を祝う演奏会を開催、バーバラ・フリットリが出演する。また、クロージング・コンサートの指揮はファビオ・ルイージを起用。パルマのドゥオーモ広場で、ベートーヴェンの「第九」を演奏する。

写真:Filarmonica Arturo Toscanini


    音楽祭プロフィールはこちら ▷


関連記事

  1. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が“Nightly Met Opera Streams”の第8週のラインナップを発表

  2. ロンドン発 〓 英国の劇場やホールも閉鎖、公演もすべてキャンセル

  3. ベルリン発 〓 復帰したブロムシュテットがベルリン・フィルの指揮台に。コンサートはストリーミング配信へ

  4. ニュルンベルク発 〓 ニュルンベルク響の次期首席指揮者にジョナサン・ダーリントン

  5. ザルツブルク発 〓 暴力事件で謹慎中のガーディナー、来夏のザルツブルク音楽祭で現場復帰か?

  6. ベルリン発 〓 ドナルド・ラニクルズがベルリン・ドイツ・オペラとの契約を延長

  7. マドリード発 〓 ポリーニが来年4月のスペイン・ツアーをキャンセル

  8. ベルリン発 〓 アルテミス弦楽四重奏団の元第1ヴァイオリン、ヴィネタ・サレイカ=フォルクナーがベルリン・フィルへ

  9. ベルリン発 〓 ドイツのオペラ雑誌「Oper Magazin」が年間賞を発表

  10. ウィーン発 〓 国立歌劇場が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  11. クリスチャンサン発 〓 ジュリアン・ラクリンがノルウェーのクリスチャンサン響の首席指揮者に

  12. ウィーン発 〓 ソプラノのニーナ・シュテンメが国立歌劇場の名誉会員に

  13. ロンドン発 〓 英国政府が文化予算に大なた、イングリッシュ・ナショナル・オペラは年度予算の配分が打ち切られ、活動継続の危機に

  14. グラナダ発 〓 ルーカス・マシアス=ナバロがグラナダ市管の芸術監督に

  15. サンフランシスコ発 〓 カーテンコールでプロポーズ、結果は大成功!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。