フライブルク発 〓 市立劇場の次期音楽総監督にアンドレ・デ・リッダー

2021/02/24

ドイツ南部フライブルク市立歌劇場(Theater Freiburg)が次期音楽総監督にアンドレ・デ・リッダー(André de Ridder)を迎えると発表した。2021/22年シーズン終了で契約が満了するファブリス・ボロンの後継者で、任期は2022/2023シーズンから。

リッダーはベルリンをベースに活動中の50歳。国立ウィーン音楽・演劇大学でレオポルト・ハーガー、ロンドンの王立音楽院でコリン・デイヴィスに師事してデビュー、欧米のさまざまなオーケストラ、歌劇場の指揮台に立ってきた。

また、バッハから前衛的な電子機器を使った現代物まで多彩な音楽を手掛けており、2013年には音楽家集団「stargaze」を設立してさまざまな音楽シーンに客演、コラボレーションを続けている。

写真:Harrison Parrott


関連記事

  1. ウィーン発 〓 国立歌劇場は予定通り、9月7日に新シーズンを開幕

  2. ベルリン発 〓 州立歌劇場が5月1日までの公演をキャンセル、音楽祭「フェストターゲ」も中止

  3. ロンドン発 〓 英国政府がライブ・イベントの再開を急きょ延期

  4. 松本発 〓 セイジ・オザワ松本フェスティバルが開催断念を発表

  5. ベルリン発 〓 劇場とホールの閉鎖は4月中旬まで

  6. ニューヨーク発 〓 全米は3月いっぱい公演キャンセル、アンドレ・リュウもツアー中止

  7. 訃報 〓 リブシェ・ドマニーンスカ, チェコのソプラノ歌手

  8. ウィーン発 〓 ドミンゴ、国立歌劇場で80歳を祝う

  9. ウィーン発 〓 オーストリア造幣局がザルツブルク音楽祭100周年記念銀貨を発行

  10. ロサンゼルス発 〓 第63回「グラミー賞」発表

  11. ニューヨーク発 〓 リンカーンセンターが2021年春のシーズンをキャンセル

  12. ウィーン発 〓 国立歌劇場が4月第5週のストリーミング・ラインナップを発表、新制作の《ファウスト》はライブで

  13. 東京発 〓 2020年度の分配額が過去最高の1206億円、日本音楽著作権協会

  14. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が公演継続のメッセージ

  15. コペンハーゲン発 〓 ルイージが「ドイツ・グラモフォン」からニールセンの交響曲全集

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。