ハンブルク発 〓 州立歌劇場が2019/2020シーズンの上演ラインナップを発表

2019/02/16

ハンブルク州立歌劇場(Hamburgische Staatsoper)が2019/2020シーズンのラインナップを発表した。開幕を飾るのは、カリン・バイアーの新演出によるショスタコーヴィチの《鼻》。指揮は首席指揮者のケント・ナガノ。ナガノはその後、ドミトリー・チェルニャコフが新演出を手掛けるリヒャルト・シュトラウスの《エレクトラ》を指揮する。続いて、セミ・ステージ形式のメシアンの《アッシジの聖フランチェスコ》を指揮する。こちらはハンブルク音楽祭の枠組みの中で上演されるため、NDRエルプフィルハーモニー管弦楽団を指揮する。

新制作は他にヴェルディ《ファルスタッフ》、ベッリーニ《ノルマ》、モーツァルト《ドン・ジョヴァンニ》など。新演出を手掛けるのは、カリスト・ビエイト、マリーナ・レベカ、ヤン・ボッセという働き盛りの演出家。再演の演目も力が入っていて、《シモン・ボッカネグラ》にプラシド・ドミンゴ、《トスカ》にクリスティーネ・オポライス、《オテロ》にホセ・クーラ、《ルル》にバーバラ・ハンニガン、《アルチーナ》にユリア・レージネヴァ、《ローエングリン》にクラウス・フロリアン・フォークトがそれぞれ出演する。

写真:Hamburgische Staatsoper


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. シカゴ発 〓 ショルティ指揮者アワード2018にロデリック・コックスに

  2. ベルリン発 〓 州立歌劇場が新しい音楽祭

  3. ザルツブルク発 〓 州立劇場の首席指揮者にスリランカ生まれのレスリー・スガナンダラージャ

  4. アムステルダム発 〓 ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団がセクハラ疑惑を報じられた首席指揮者のダニエル・ガッティを解任

  5. ストックホルム発 〓 ヴァイオリンのアンネ=ゾフィー・ムターに「ポーラー音楽賞」

  6. オーハイ音楽祭 〓 ソプラノのバーバラ・ハニガンがグラミー賞「ベスト・クラシック・ソロ・アルバム」を獲得

  7. アムステルダム発 〓 ガッティがロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団と和解

  8. ベルリン発 〓 演出家のバリー・コスキーが契約延長せず

  9. ルートヴィヒスハーフェン・アム・ライン発 〓 ラインラント=プファルツ州立フィルが次期首席指揮者にマイケル・フランシス

  10. ローマ発 〓 ゼフィレッリ、96歳になる2020年に《リゴレット》を演出へ

  11. ロンドン発 〓 18歳のチェリスト、カネー=メイソンのデビュー・アルバムが快走

  12. 金沢発 〓 オーケストラ・アンサンブル金沢の新しい音楽監督にミンコフスキ

  13. 東京発 〓 新国立劇場が2018/2019シーズンの上演スケジュールを発表

  14. ワルシャワ発 〓 もう一つの「ショパン・コンクール」創設

  15. アムステルダム発 〓 ジャニーヌ・ヤンセンにヨハネス・フェルメール賞

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。