ウィーン発 〓 芸術週間がクルレンツィス率いる南西ドイツ放送響招聘を見送り、リーニフらウクライナからの抗議受け

2024/02/13

ウィーン芸術週間(Wiener Festwochen)がテオドール・クルレンツィス率いる南西ドイツ放送交響楽団の招聘を見送ると発表した。ウクライナのキーウ交響楽団を率いて客演するオクサーナ・リーニフの抗議を受けて。リーニフはロシアのウクライナに対する武力侵攻について曖昧なクルレンツィスとの共演は出来ないとインタビューでも答えていた

当初の予定では、リーニフたちは6月2日にコンツェルトハウスを会場にウクライナの作曲家イーヴェン・スタンコヴィチのカディッシュ・レクイエム《バービ・ヤール》を演奏。その10日後にクルレンツィスたちがブルク劇場を会場に《戦争レクイエム》を演奏することになっていた。

主催者側は、「エキサイティングな二つの作品を対置させることで「政治的・社会的最前線に意図的に疑問を投げかける」と説明してきたが、演出家、劇作家、映画監督、ジャーナリストとして活躍する芸術週間の芸術監督ミロ・ラウは「リーニフの共演したくないという希望を尊重します」と語っている。

南西ドイツ放送響も声明を出し、「リーニフらが、ロシアの侵略戦争に反対する声明をクルレンツィスに出して欲しかったことは理解できる」と前置きし、「しかし、そのような声明が彼にとってどのような結果をもたらすかを考慮して、私たちは彼にそれを求めることはしなかった」と述べている。

写真:www.facebook.com/oksana.lyniv


  音楽祭プロフィールはこちら ▷


関連記事

  1. ロンドン発 〓 グラインドボーン音楽祭がストリーミング配信の8月のラインナップを発表

  2. 宮崎発 〓 宮崎国際音楽祭が2022年の公演ラインナップを発表

  3. モーツァルト週間 〓 音楽祭はオンライン開催へ

  4. ラ・コート=サンタンドレ発 〓 指揮者のガーディナーが公演に出演した歌手に暴行、謝罪

  5. ノボシビルスク発 〓 トランス=シベリア芸術祭が開幕

  6. ザルツブルク復活祭音楽祭 〓 10月に延期

  7. バイロイト発 〓 新制作の《ニーベルングの指環》、演出に凄まじいブーイング

  8. ヴェルビエ音楽祭 〓 新型コロナのクラスター発生で開幕コンサートは再度のプログラム変更、アカデミーは一時解散

  9. ウィーン発 〓 国立歌劇場の「オーパンバル」、2021年は中止

  10. バイロイト音楽祭 〓 2023年の新制作はバーチャル・リアリティーによる《パルジファル》

  11. ウィーン発 〓 今年のサマー・ナイト・コンサートは6月18日と発表、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

  12. 訃報 〓 エフゲニー・ネステレンコ(83)ロシアのバス歌手

  13. ウィーン発 〓 話題の《ピーター・グライムズ》で国立歌劇場合唱団に19人の陽性反応、あわや上演中止の危機に

  14. ウィーン発 〓 国立歌劇場は予定通り、9月7日に新シーズンを開幕

  15. ベルリン発 〓 ベルリン音楽祭が2024年の公演ラインナップを発表、ウィーン・フィルが初客演

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。