ボローニャ発 〓 作曲家の故郷にレスピーギ音楽祭誕生

2022/09/08

近代イタリアを代表する作曲家の一人、オットリーノ・レスピーギ(Ottorino Respighi)をテーマにした音楽祭がこの9月、故郷ボローニャに創設されることになった。会期は16日から23日で、マティーニ音楽院(ボローニャ音楽院)管弦楽団、センツァスピーネ管弦楽団、アルトゥーロ・トスカニーニ・フィルハーモニー管弦楽団などが出演する。

レスピーギは1879年生まれで、器楽曲の分野をリードした一人。「ローマ三部作」と呼ばれる一連の交響詩(ローマの噴水、ローマの松、ローマの祭)の他、古いリュートのための曲を元にした《リュートのための古風な舞曲とアリア》などで知られる。1936年4月18日に56歳で、細菌性心内膜炎のためローマで亡くなり、翌年にボローニャに改葬された。

音楽祭の開幕を飾るのはミシャ・マイスキーと彼の長女リリー・マイスキーのデュオ。レスピーギの「変奏曲付きアダージョ」に加え、レスピーギの師であるリムスキー=コルサコフ、チャイコフスキー、ラフマニノフの作品を取り上げる。

会期中、トンマーゾ・ウッサルディ指揮のセンツァスピーネ管弦楽団とオルガニストのアンドレア・マキナンティがオルガンとオーケストラのための組曲を取り上げる他、サーシャ・ヤンケヴィッチ指揮のアルトゥーロ・トスカニーニ・フィルが《リュートのための古風な舞曲とアリア》を演奏する。

最終日はヴァイオリンのイリア・グリンゴルツを迎えるマティーニ音楽院管弦楽団の演奏会で、指揮はルチアーノ・アコチェッラ。

写真:Festival Respighi Bologna


  もっと詳しく ▷


関連記事

  1. サンタフェ発 〓 テノールのローランド・ビリャソンが《オルフェオ》の初日を降板、リハーサルで背中痛め

  2. ローマ発 〓 ローマ歌劇場が《エルナーニ》を無料ストリーミング

  3. モーツァルト週間 〓 2021年の開催断念を発表

  4. ブレゲンツ発 〓 ブレゲンツ音楽祭が2023年の音楽祭の概要を発表

  5. サンタフェ・オペラ 〓 2021年夏の公演ラインナップを発表

  6. バイロイト発 〓 新制作の《ニーベルングの指環》、演出に凄まじいブーイング

  7. ローマ発 〓 ガッティが「共和国記念日」を祝うコンサートを指揮

  8. ヴェローナ音楽祭 〓 リッカルド・ムーティが2021年の音楽祭に登場

  9. 東京発 〓 ラ・フォル・ジュルネTokyo、2022年は開催中止。今後の開催見送りを発表

  10. ミラノ発 〓 音楽監督のリッカルド・シャイーが反論、ウクライナ領事のスカラ座《ボリス・ゴドノフ》上演取り止め要請に

  11. トーレ・デル・ラーゴ発 〓 プッチーニ・フェスティバルが2022年の公演ラインナップを発表

  12. ザルツブルク発 〓 ザルツブルク音楽祭が2023年夏の公演ラインナップを発表

  13. ペーザロ発 〓 ロッシーニ・オペラ・フェスティバルの次期芸術監督にファン・ディエゴ・フローレス

  14. バイロイト音楽祭 〓 来年の音楽祭の概要を発表

  15. ベルリン発 〓 ベルリン音楽祭が2024年の公演ラインナップを発表、ウィーン・フィルが初客演

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。