シカゴ発 〓 シカゴ響が2024/2025シーズンの公演ラインナップを発表

2024/04/02

シカゴ交響楽団(Chicago Symphony Orchestra)が2024/2025シーズンの公演ラインナップを発表した。終身名誉音楽監督のリッカルド・ムーティ(Riccardo Muti)が指揮するコンサートにはピアノの内田光子が登場、ベートーヴェンの協奏曲第5番《皇帝》に取り組む。ムーティはオーケストラと1月末からのヨーロッパ・ツアーを成功させたところ

客演する指揮者はアンドレス・オロスコ=エストラーダ、ヤープ・ファン・ズヴェーデン、クリストフ・エッシェンバッハ、マリン・オールソップ、エサ=ペッカ・サロネン、ヤクブ・フルシャ、クラウス・マケラが顔を揃える。マケラは空席になっている音楽監督の有力候補として取り沙汰されており、マーラーの交響曲第3番、ドボルザークの交響曲第7番を指揮する。

定期演奏会デビューする指揮者は、ディーマ・スロボデニューク、サントゥ=マティアス・ロウヴァリ、グスターボ・ヒメノの三人。スロボデニュークは2017年にラヴィニア音楽祭で一足早くオーケストラを指揮しているという。また、新シーズンの「アーティスト・イン・レジデンス」はピアニストのダニール・トリフォノフ。

写真:Chicago Symphony Orchestra


  もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ブレーメン発 〓 市立劇場の次期音楽総監督にシュテファン・クリンゲレ

  2. 訃報 〓 リブシェ・ドマニーンスカ(96)チェコのソプラノ歌手

  3. ニューヨーク発 〓 ダウンしていたメトロポリタン歌劇場のウェブサイトが復旧、楽友協会はなお未開通

  4. ミラノ発 〓 スカラ座の《サロメ》は指揮者がメータからシャイーに

  5. ボン発 〓 若手指揮者のヨエル・ガムゾウが活動の半分を新作初演に当てる新しいオーケストラを創設

  6. カトヴィツェ発 〓 マリン・オールソップがポーランド国立放送カトヴィツェ響の芸術監督兼首席指揮者に

  7. シカゴ発 〓 シカゴ響が2022年1月の台湾、中国、日本ツアーの中止を発表

  8. 訃報 〓 アンジェロ・ロ・フォレーゼ(90)イタリアのテノール歌手

  9. ハンブルク発 〓 州立歌劇場の次期音楽総監督にオメール・メイア・ヴェルバー、ケント・ナガノの後任

  10. 京都発 〓 指揮者の広上淳一が京都コンサートホールの館長に

  11. パリ発 〓 フランスでも新型コロナウイルス禍広がる、文化大臣も感染

  12. 東京発 〓 東京都交響楽団が音楽監督の大野和士との契約を延長

  13. 札幌発 〓 札響の次期首席指揮者にエリアス・グランディ

  14. ミラノ発 〓 スカラ座博物館で巨匠演出家フランコ・ゼッフィレッリの回顧展がスタート

  15. ウィーン発 〓 アルベナ・ダナイローヴァが2024年元旦の「ニューイヤー・コンサート」のコンサートマスターに

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。