訃報 〓 クリスタ・ルートヴィヒ, ドイツのメゾ・ソプラノ歌手

2021/04/26

ドイツのメゾ・ソプラノ歌手クリスタ・ルートヴィヒ(Christa Ludwig)が4月24日にウィーン近郊クロスターノイブルクの自宅で亡くなった。93歳だった。20世紀後半の巨匠たちに重用され、1960年頃からドラマティック・ソプラノの役もレパートリーに加え、ドイツを代表するプリマ・ドンナとしてオペラ、リートの分野で国際的に活躍した。

ベルリン生まれで、両親はベルリン・フォルクスオーパーの歌手。フランクフルト音楽院で学び、1946年にハンブルクで《こうもり》のオルロフスキー役でデビュー。ダルムシュタット、ハノーバーの劇場を経て、1954年にはザルツブルク音楽祭で《フィガロの結婚》のケルビーノ役を歌って一躍脚光を浴びた。

翌年、カール・ベームの招きでウィーン国立歌劇場に迎えられ、1962年に宮廷歌手。1994年に《エレクトラ》のクリテムネストラを歌って国立歌劇場を去るまで769回出演し、42の役を歌っている。また、1950年代後半のザルツブルク音楽祭では《薔薇の騎士》や《コジ・ファン・トゥッテ》でのシュヴァルツコップとの共演が大きな話題を集めた。

1959年にはケルビーノ役で、ニューヨークのメトロポリタン歌劇場にデビュー。1993年までに121出演で15の役を歌っている。また、1966年にバイロイト音楽祭、1969年にロンドンのロイヤル・オペラにデビュー。ミラノ・スカラ座ではマリア・カラスとの共演も実現した。

暖かい声質と豊かな声量、精緻な表現力でオペラ以外にコンサートや合唱のソリストも多く務め、ベームだけでなく、ヘルベルト・フォン・カラヤンやレナード・バーンスタインら名だたる巨匠たちに重用された。マーラーの作品の評価は特別で、《大地の歌》だけでも、カラヤンとバーンスタイン以外にオットー・クレンペラー、カルロス・クライバー、ヴァーツラフ・ノイマンらと共演している。

私生活では1957年にバス・バリトン歌手のヴァルター・ベリーと結婚。1970年の離婚後、1972年にフランスの俳優で演出家のポール・エミール・デベと再婚した。1993年から1994年にかけて引退ツアーを行って舞台を離れた後はザルツブルク音楽祭のマスター・クラスなど、後進の指導に当たった。ドイツ、オーストリア、フランスの文化勲章の他、授章多数。

写真:Wiener Staatsoper


関連記事

  1. フライブルク発 〓 市立劇場の次期音楽総監督にアンドレ・デ・リッダー

  2. ボストン発 〓 ボストン響が給与カットと一時休職で合意、タングルウッド音楽祭に希望繋ぐ

  3. フランクフルト発 〓 ドイツの歌劇場再開は6月以降

  4. モスクワ発 〓 ヴァイオリニストのアナスタシア・チェボタリョーワが逮捕 !?

  5. ウィーン発 〓 ソニーが「ニューイヤー・コンサート」2020のネット配信を開始

  6. ミラノ発 〓 スカラ座で新たに二人の感染者

  7. SWRシュヴェツィンゲン音楽祭 〓 5月開催を10月開催に延期

  8. クリーブランド発 〓 空席のコンサートマスターのポジションめぐり、クリーブランド管弦楽団がオーディション

  9. ハンブルク発 〓 新制作《後宮からの逃走》で演出家が交代、ハンブルク州立オペラ

  10. トリノ発 〓 RAI国立交響楽団の首席客演指揮者にロバート・トレヴィーノ

  11. マチェラータ発 〓 スフェリステリオ音楽祭が開催決定

  12. ミュンヘン発 〓 ミュンヘン国際音楽コンクールのヴァイオリン部門で、岡本誠司が優勝

  13. バイロイト音楽祭 〓 ピョートル・ベチャワが2022年の音楽祭でパルジファル

  14. トロント発 〓 カナディアン・オペラ・カンパニーが2020/2021シーズンをキャンセル

  15. ロンドン発 〓 オペラ・ホーランド・パークが2022年の公演ラインナップを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。