ウィーン発 〓 国立歌劇場が代役を確保できず、アリベルト・ライマンの《メデア》の再演を断念

2024/01/16

ウィーン国立歌劇場(Wiener Staatsoper)が1月下旬に予定していたアリベルト・ライマンの《メデア》の上演を断念すると発表した。タイトルロールを担う予定だったニコール・シュヴァリエが「深刻な家庭の事情により」降板、その代役が見つからないため、としている。

ライマンの《メデア》は2010年、ウィーン国立歌劇場で世界初演された作品。国立歌劇場がライマンに作曲を委嘱、オーストリアの劇作家フランツ・グリルパルツァーの三部劇詩『金羊皮』第3部「メデア」を原作にしている。台本をライマン自身が執筆、現代的な響きと古典的な音楽作法を融合させた作品で、代表作の一つでもある。

世界初演はマルコ・アルトゥーロ・マレッリが演出を手掛け、その年、ドイツのオペラ専門誌「オペルンヴェルト=Opernwelt」の「年間最優秀世界初演」に輝いており、今回の再演は1月21日、24日、27日に行われる予定だった。

ただ、国立歌劇場以外では、東京の日生劇場(2012)、ベルリンのコーミッシェ・オーパー(2017)でしか上演されたことがなく、今回起用されたシュヴァリエはコーミッシェ・オーパーの上演で主人公メデアを歌って高く評価され、第一人者と目されている。

劇場によると、その代役を務められる歌手は目下、世界に二人しかおらず、代役を打診したがそれぞれ予定が入っていたことから上演を断念せざるを得なかったという。国立歌劇場は、リヒャルト・シュトラウス《ナクソス島のアリアドネ》の上演に差し替えるという。

写真:Komische Oper Berlin


関連記事

  1. ピッツバーグ発 〓 マンフレート・ホーネックがピッツバーグ響との契約を延長

  2. ベルリン発 〓 オペラ雑誌「オペルンヴェルト」が「オブ・ザ・イヤー2020」を発表

  3. 東京発 〓 指揮者のブロムシュテットがN響定期演奏会を体調不良でキャンセル

  4. アムステルダム発 〓 オランダのホール、また閉鎖

  5. ベルリン発 〓 ロビン・ティチアーティがベルリン・ドイツ響との契約を延長

  6. ニューヨーク発 〓 カーネギー・ホールが2020/2021シーズンの残りの公演をキャンセル

  7. ミラノ発 〓 ウクライナ領事、スカラ座に《ボリス・ゴドノフ》の上演取り止めを要請

  8. ベオグラード発 〓 ベオグラード・フィルが首席指揮者のガブリエル・フェルツとの契約を延長

  9. 東京発 〓 第32回「高松宮殿下記念世界文化賞」、音楽部門はチェロのヨーヨー・マ

  10. ウィーン発 〓 ウィーン・フィル、6月はネルソンスとどっぷり、ヨーロッパ・ツアー、サマー・ナイト・コンサートも

  11. ライプツィヒ発 〓 市立歌劇場の次期音楽総監督にクロアチアのイヴァン・レプシッチ

  12. アムステルダム発 〓 ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団が新しいストリーミング

  13. ライプツィヒ発 〓 ピアニストのアンドラーシュ・シフに2022年の「バッハ・メダル」

  14. ウィーン発 〓 オーストリアもロックダウン

  15. 訃報 〓 グレース・バンブリー(86)米国のメゾ・ソプラノ歌手

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。