サンティアゴ・デ・コンポステーラ発 〓 2022年12月をもって、ポール・ダニエルがスペインのガリシア王立フィルの芸術監督を退任

2022/02/09

スペインのガリシア王立フィルハーモニー(Real Filharmonía de Galicia)が芸術監督を務める英国の指揮者ポール・ダニエル(Paul Daniel)が任期が切れる2022年12月で退任すると発表した。ダニエルは2013年からその任にあり、後任は発表されていない。

ガリシア王立フィルハーモニーは1997年、指揮者のヘルムート・リリングを初代音楽監督に迎えて創設されたオーケストラで、スペイン北西部のガリシア州の州都サンティアゴ・デ・コンポステーラを本拠地に活動している。

ダニエルはバーミンガム生まれの63歳。コベントリー大聖堂の聖歌隊で歌い、その後、ケンブリッジのキングスカレッジで音楽を、ロンドンのギルドホール音楽演劇学校で指揮を学んだ。指揮はエイドリアン・ボールト、エドワード・ダウンズに師事している。

1982年にロンドンのイングリッシュ・ナショナル・オペラに音楽スタッフとして入り、1987年から1990年にかけてオペラ・ファクトリーの音楽監督を務めた。その後、オペラノースの音楽監督(1990-1997)を経て、1997年から2005年にかけて古巣のイングリッシュ・ナショナル・オペラの音楽監督を務めた。

その後も、ボルドー・アキテーヌ国立管弦楽団の音楽監督(2013-2021)、パースの西オーストラリア交響楽団の首席指揮者(2009-2013)を歴任。そのかたわら、ロンドンのロイヤル・オペラやニューヨークのメトロポリタン歌劇場などに客演を続けている。

写真:Real Filharmonía de Galicia


関連記事

  1. ワルシャワ発 〓 台湾政府がショパン国際ピアノ・コンクールに抗議、国名表記めぐり

  2. 東京発 〓 2020年度の分配額が過去最高の1206億円、日本音楽著作権協会

  3. パリ発 〓 フランス国立管の組合がフランス放送フィルのストライキに同調

  4. エバンストン発 〓 原田慶太楼に2023年の「ゲオルグ・ショルティ指揮者賞」

  5. ザルツブルク音楽祭 〓 ハンガリーのガボール・カリ、第9回「ネスレ&ザルツブルク音楽祭青年指揮者コンクール」で優勝

  6. トロント発 〓 カナディアン・オペラ・カンパニーが2020/2021シーズンをキャンセル

  7. ライプツィヒ発 〓 市立歌劇場の次期音楽総監督にクロアチアのイヴァン・レプシッチ

  8. アムステルダム発 〓 オランダ国立オペラの次期首席指揮者にロレンツォ・ヴィオッティ

  9. ローマ発 〓 ゲルギエフが新型コロナに感染、共演のダニール・トリフォノフも

  10. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立歌劇場がシーズン閉幕を宣言、夏のミュンヘン・オペラ・フェスティバルも中止

  11. ハンブルク発 〓 ハンナ・チャンがハンブルク響の首席客演指揮者に

  12. ブレーメン発 〓 市立劇場の次期音楽総監督にシュテファン・クリンゲレ

  13. リガ発 〓 指揮者のカレル・マーク・チチョンがラトビア国籍を取得

  14. ブリュセル発 〓 ベルギー国立管のコンサートマスターに赤間美沙子

  15. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルが新シーズン2024/2025シーズンの公演ラインナップを発表、指挥者の山田和樹、ヴァイオリニストの「HIMARI」がデビュー

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。