ハンブルク発 〓 ハンブルク州立オペラが2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

2022/04/13
【最終更新日】2022/06/17

ハンブルク州立オペラ(Staatsoper Hamburg)が2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表した。開幕はマリア・カターエワを主役カルメンに起用した新制作のビゼー《カルメン》で、新制作のオペラはそれを含めて5作品。

9月17日ー2023年5月23日
ビゼー《カルメン》
[演出]ヘルベルト・フリッチュ
[指揮]ヨエル・ガムゾウ
[出演]トミスラフ・ムツェック / マリア・カターエワ / Elbenita Kajtazi / グァンクン・ユー(=于冠群) Guanqun Yu

10月23日ー11月13日
ワーグナー《さまよえるオランダ人》
[演出]ミヒャエル・タールハイマー
[指揮]ケント・ナガノ
[出演]ジェニファー・ホロウェイ / ベンヤミン・ブルンス / カーチャ・ピーヴェック / クヮンチュル・ユン(=연광철) / ヴィタリー・コワリョフ

2023年1月22日ー2月8日
ショスタコーヴィチ《ムツェンスク郡のマクベス夫人》
[演出]アンジェリーナ・ニコノワ
[指揮]ケント・ナガノ
[出演]アレクサンドル・ロスラヴェッツ / ヴィンセント・ヴォルフシュタイナー / カミラ・ニールンド / セルゲイ・スコロホドフ

3月12日ー4月8日
プッチーニ《外套》
プッチーニ《ジャンニ・スキッキ》
プッチーニ《修道女アンジェリカ》

[演出]アクセル・ラニシュ
[指揮]ジャンパオロ・ビサンティ
[出演]ロベルト・フロンターリ / ナジミディン・マヴリャーノフ / エレーナ・グーセワ / Elbenita Kajtazi / カーチャ・ピーヴェック / オレクシー・パルチコフ

5月28日ー6月8日
サルヴァトーレ・シャリーノ《ビーナスとアドニス》
[演出]ジョルジュ・デルノン
[指揮]ケント・ナガノ
[出演]レイラ・クレール / ジェイク・アルディッティ / マティアス・クリンク / ギドン・サークス / Kady Evanyshyn / エヴァン・ヒューズ

写真:Staatsoper Hamburg


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ハレ発 〓 ヘンデル音楽祭が2021年の開催中止を発表、コロナ禍による中止は2年連続

  2. マドリード発 〓 マルゼナ・ディアクンが来シーズンからマドリード州立管の芸術監督に

  3. 訃報 〓 ビセルカ・ツヴェイチ(97)セルビアのメゾ・ソプラノ歌手

  4. ニューヨーク発 〓 ルネ・フレミングがメトロポリタン歌劇場の新作オペラに

  5. エディンバラ発 〓 エディンバラ国際フェスティバルも中止、8月開催で中止は初

  6. ドレスデン発 〓 マレク・ヤノフスキがコンサート形式による新しい“リング・チクルス”、手兵のドレスデン・フィルと

  7. 大津発 〓 びわ湖ホールが《神々の黄昏》を無観客公演に、同時に無料ストリーミング配信

  8. ボゴタ発 〓 コロンビア大統領が劇場閉鎖などは6月からさらに18か月間必要と発言

  9. パリ発 〓 マクロン大統領が3回目となる全国的なロックダウンを宣言

  10. 北京発 〓 フィラデルフィア管が中国国際音楽コンクールのレジデント・オーケストラに

  11. サンフランシスコ発 〓 サロネンがサンフランシスコ響の音楽監督を退任、契約が切れる2023/2024シーズンをもって

  12. ワルシャワ発 〓 ワルシャワ国立歌劇場が新制作の《ボリス・ゴドノフ》上演取り止め、ロシアのウクライナ侵略で

  13. ストックホルム発 〓 アンナ・ネトレプコに「ポーラー音楽賞」

  14. デュッセルドルフ発 〓 作曲家メンデルスゾーンの銅像の修復工事終了

  15. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が14日に特別コンサート、ウクライナへの連帯を全世界に発信

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。