台北発 〓 準・メルクルが台湾の国家交響楽団の芸術顧問に

2020/10/28

台湾の国立交響楽団(国家交響楽団)が準・メルクルを芸術顧問に迎えることになった。2010年から第5代音楽監督を務め、2021年から芸術顧問に退いた呂紹嘉(Lu Shaochia)を後を継ぐとみられる。

国立交響楽団は1986年の設立。首都・台北にある国家両庁院(旧・国立中正文化中心)本拠地とし、「Taiwan Philharmonic」や「NSO」などの愛称で、アジアで最高のオーケストラの1つとして高い評価を受けてきた。

メルクルはミュンヘン生まれの61歳。ドイツ人の父と日本人の母との間に、ハノーファー音楽院でヴァイオリン、ピアノ、指揮を学び、セルジュ・チェリビダッケに師事、小澤征爾にも学んでいる。1991年に若くしてザールラント州立劇場の音楽総監督に就任して話題を呼んだ(-1994)。

その後、マンハイム国民劇場(1994-2000)、リヨン国立管弦楽団(2005-2011)、MDR交響楽団(2007-2012)の音楽監督、首席指揮者を歴任。常任のポストに就くのは、スペインのバスク国立管弦楽団(旧:エウスカディ管弦楽団)の音楽監督を退いて以来。

写真:National Symphony Orchestra


    詳細はこちら ▷


関連記事

  1. モントルー発 〓 ローザンヌ国際バレエ・コンクールの第1位にイタリアのマルコ・マシャーリ

  2. ミラノ発 〓 スカラ座がシーズン開幕ガラ・コンサートのプログラムを発表

  3. パリ発 〓 終わらない国立オペラのストライキ、新制作の《マノン》の上演も断念

  4. アトランタ発 〓 アトランタ・オペラ衣装部がマスク製作に奮戦

  5. モスクワ発 〓 ユロフスキがスヴェトラーノフ記念ロシア国立交響楽団との契約を延長

  6. バンプトン・クラシカル・オペラ 〓 2021年はグルックの《ラ・コロナ》と《パリスとヘレネー》を上演

  7. モデナ発 〓 市立劇場が「パヴァロッティ & フレーニ劇場」に改名

  8. ロンドン発 〓 アントニオ・パッパーノ、ロンドン交響楽団の首席指揮者へ

  9. ゲーラ発 〓 アンテンブルク・ゲーラ市立劇場の音楽総監督にルーベン・ガザリアン

  10. パリ発 〓 ゼネスト、パリ国立オペラを直撃

  11. クリスチャンサン発 〓 ナタリー・シュトゥッツマンがクリスチャンサン響との契約を延長

  12. 東京発 〓 新国立劇場が2020/2021シーズンの公演ラインアップを発表

  13. ベルリン発 〓 クリストフ・エッシェンバッハがベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団との契約を延長

  14. 訃報 〓 ステュアート・ベッドフォード, 英国の指揮者

  15. ミラノ発 〓 スカラ座が恒例の12月7日の開幕を断念

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。