台北発 〓 準・メルクルが台湾の国家交響楽団の芸術顧問に

2020/10/28

台湾の国立交響楽団(国家交響楽団)が準・メルクルを芸術顧問に迎えることになった。2010年から第5代音楽監督を務め、2021年から芸術顧問に退いた呂紹嘉(Lu Shaochia)を後を継ぐとみられる。

国立交響楽団は1986年の設立。首都・台北にある国家両庁院(旧・国立中正文化中心)本拠地とし、「Taiwan Philharmonic」や「NSO」などの愛称で、アジアで最高のオーケストラの1つとして高い評価を受けてきた。

メルクルはミュンヘン生まれの61歳。ドイツ人の父と日本人の母との間に、ハノーファー音楽院でヴァイオリン、ピアノ、指揮を学び、セルジュ・チェリビダッケに師事、小澤征爾にも学んでいる。1991年に若くしてザールラント州立劇場の音楽総監督に就任して話題を呼んだ(-1994)。

その後、マンハイム国民劇場(1994-2000)、リヨン国立管弦楽団(2005-2011)、MDR交響楽団(2007-2012)の音楽監督、首席指揮者を歴任。常任のポストに就くのは、スペインのバスク国立管弦楽団(旧:エウスカディ管弦楽団)の音楽監督を退いて以来。

写真:National Symphony Orchestra


    詳細はこちら ▷


関連記事

  1. モスクワ発 〓 ロシアも連邦機関、博物館、劇場を閉鎖

  2. 東京発 〓 原田慶太楼が東響の正指揮者に

  3. クラクフ発 〓 ジョルディ・サヴァール一行がポーランドで新型コロナウイルスに感染

  4. ロサンゼルス発 〓 第62回「グラミー賞」決まる

  5. ボゴタ発 〓 コロンビア大統領が劇場閉鎖などは6月からさらに18か月間必要と発言

  6. パリ発 〓 国立オペラの新シーズン開幕は11月末に

  7. コブレンツ発 〓 指揮者ギャリー・ウォーカーが今シーズン限りでライン州立フィルハーモニー管の首席指揮者を退任

  8. ロンドン発 〓 英国が興業チケットの付加価値税を20%から5%に引き下げ

  9. 香港発 〓 コンサートホールなどまた閉鎖、新型コロナウイルスの感染再拡大で

  10. バルセロナ発 〓 リセウ大劇場が《ローエングリン》の公演をキャンセル

  11. ローマ発 〓 イタリア全土で劇場また閉鎖

  12. ミュンヘン発 〓 ミュンヘン・フィルが新シーズンの開幕コンサート

  13. クレモナ発 〓 ヴァイオリニストの横山令奈が地元の病院の屋上で世界に癒やしの調べ

  14. ブダペスト発 〓 イヴァン・フィッシャーが室内コンサートの動画を毎晩投稿と表明

  15. サンフランシスコ発 〓 サンフランシスコ響も2020/2021シーズンをキャンセル

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。