モンテカルロ発 〓 ネトレプコが約2ヵ月ぶりにオペラの舞台に、4回目の声明でロシアでの出演を否定

2022/04/27

モンテカルロ歌劇場の《ルイザ・ミラー》の公演で約2ヵ月ぶりにオペラの舞台に復帰したソプラノ歌手のアンナ・ネトレプコ(Anna Netrebko)が25日、自身のFacebookへの投稿で、ロシアで出演する予定はないとする声明を出した。これまでの報道では、古巣のマリインスキー劇場が5月から7月にかけて行う「白夜の星音楽祭」に出演するとみられていた。声明では、新しいマネージメントについても明らかにしている。

ロシアのウクライナ侵略が始まって以来、ネトレプコが声明を出すのはこれが4度目。3月30日に出した3回目の声明では、それまでのプーチン政権との関係については曖昧だったが、3回目は一歩踏み込み、ウクライナ侵略によって生じた戦争を非難、また、大統領との関係についても否定した。これにロシア側はノボシビルスクの国立オペラ・バレエ劇場が彼女の出演を取り止め、下院議長が「祖国の敵」とネトレプコを非難していた。

今回の《ルイザ・ミラー》は4月24日に初日を向けたプロダクションで、マリア・アグレスタの代役としての起用。カーテンコールでは、ステージ上にウクライナの国旗が写し出され、ネトレプコも他の出演者たちとその下に並んで拍手を浴びた。ロシア側のさらなる反発も予想されるが、まだ動きはない。この後、スカラ座は5月にリサイタルを予定、夏のヴェローナ音楽祭への出演も発表されている。

写真:Forum Opera


関連記事

  1. シオン発 〓 スイスの「ティボール・ヴァルガ国際ヴァイオリン・コンクール」で韓国の14歳、キム・ソヒョンが最年少優勝

  2. ワシントン発 〓 ナショナル・オペラが2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  3. ハンブルク発 〓 NDRエルプフィルが首席指揮者のアラン・ギルバートとの契約を延長

  4. モスクワ発 〓 ロシアのメディア、ゲルギエフがボリショイ劇場の総監督も兼務と報道

  5. ブリュッセル発 〓 ベルギー国立管の首席客演指揮者にスペインのロベルト・ゴンザレス=モンハス

  6. 訃報 〓 カミル・マリネスク(55)ルーマニアの指揮者

  7. アムステルダム発 〓 コンセルトヘボウが2025年にホール主催の「マーラー音楽祭」、ルイージ率いるN響も参加

  8. バーミンガム発 〓 ラトルがバーミンガム市響の100周年コンサートを指揮

  9. 訃報 〓 クリスティアーヌ・エダ=ピエール(88)フランスのソプラノ歌手

  10. クリーブランド発 〓 米国のクリーブランド管が音楽監督のフランツ・ウェルザー=メストに率いられて8月末から9月上旬にかけてヨーロッパ・ツアー

  11. ロンドン発 〓 英政府が「女王誕生日の叙勲」リストを発表

  12. コペンハーゲン発 〓 デンマークも劇場閉鎖

  13. キール発 〓 キール歌劇場の音楽総監督にベンジャミン・ライナース

  14. ライプツィヒ発 〓 ライプツィヒ市立オペラが2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  15. アムステルダム発 〓 オランダ国立オペラが2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。