ブリュッセル発 〓 エリザベート国際コンクールのヴァイオリン部門で、ウクライナのドミトロ・ウドヴィチェンコが優勝

2024/06/02

5月6日からベルギーの首都ブリュッセルで行われたエリザベート国際コンクール(Queen Elisabeth Competition)のヴァイオリン部門で、ウクライナのドミトロ・ウドヴィチェンコが優勝した。2位は米国のジョシュア・ブラウン、3位はエリー・チョイ(=崔艾莉)。また、日本のMINAMI(=吉田南)が6位に入賞した。

エリザベート王妃国際音楽コンクールは、チャイコフスキー国際コンクール、ショパン国際ピアノ・コンクールと並ぶ世界三大コンクールの一つで、ピアノ、ヴァイオリン、チェロ、声楽の4部門があり、年を変えて開催されている。今年はヴァイオリンで、2025年はピアノ部門、2026年はチェロ部門が開催される。

優勝したウドヴィチェンコはハルキウ生まれの25歳。6歳でハルキウ音楽学校の特別才能クラスに入学、14歳からはドイツ・エッセンのフォルクヴァング芸術大学のボリス・ガルリツキー教授に師事。2022年からはクロンベルク・アカデミーのクリスチャン・テツラフのクラスで学んでいる。

コンクール出場は多く、最近では2018年「ヨーゼフ・ヨアヒム・コンクール」2位、2022年の「シベリウス国際ヴァイオリン・コンクール」で3位、昨年2023年には「モントリオール国際音楽コンクール」で優勝している。

6位のMINAMIは奈良県出身の25才。桐朋女子高等学校音楽科を首席卒業後、ボストンのニューイングランド音楽院修士課程修了。2014年に高校1年生で「日本音楽コンクール」1位、2015年の「シベリウス国際ヴァイオリン・コンクール」に最年少入賞。2016年の「モントリオール国際音楽コンクール」でも最年少で3位を獲得している。

写真:Queen Elisabeth International Music Competition


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. パリ発 〓 ゼネスト、パリ国立オペラを直撃

  2. ウィーン発 〓 フルートのカレッドゥ、ウィーン・フィルの依頼を快諾

  3. ライプツィヒ発 〓 バッハ音楽祭が開催断念を発表

  4. 東京発 〓 東京交響楽団が2023年度のライブ・ストリーミングのラインナップを発表

  5. 東京発 〓 都響の新たなコンサートマスターに水谷晃

  6. 訃報 〓 パウル・バドゥラ=スコダ(91)オーストリアのピアニスト

  7. 訃報 〓 クラウディオ・デズデーリ(75)イタリアのバリトン歌手

  8. ウィーン発 〓 オメール・メイア・ヴェルバーが1シーズンでフォルクスオーパーの音楽監督を退任、後任は首席客演指揮者のベン・グラスバーグ

  9. シュトゥットガルト発 〓 州立バレエが音楽監督を解任

  10. ブリュッセル発 〓 ベルギー国立管の首席客演指揮者にスペインのロベルト・ゴンザレス=モンハス

  11. プラハ発 〓 国立歌劇場の音楽監督にカール・ハインツ・シュテフェンス

  12. ミュンヘン発 〓 作曲家ワーグナーの曾孫、エヴァ・ワグナー・パスキエが退院

  13. ザルツブルク発 〓 聖霊降臨祭音楽祭が開催中止を発表

  14. ロンドン発 〓 ロイヤル・オペラ・ハウスがストリーミングのための新しいプラットフォームを起ち上げ

  15. アトランタ発 〓 ナタリー・シュトゥッツマンがアトランタ響の音楽監督に

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。