ウィーン発 〓 国立バレエの芸術監督にアレッサンドラ・フェリ

2023/10/25

ウィーン国立バレエ(Vienna State Ballet)が次期芸術監督にイタリア人のバレリーナ、アレッサンドラ・フェリ(Alessandra Ferri)を迎えると発表した。2020年からその任にあるマーティン・シュレプファーが5年の任期満了で退任するのを受けて。任期は2025年9月から。バレエ・アカデミーの指導も担当する。

フェリは1963年、イタリア・ミラノ生まれの60歳。ミラノ・スカラ座バレエ学校を経て、英国のロイヤル・バレエ学校に留学。1980年にローザンヌ国際バレエ・コンクール入賞後、ロイヤル・バレエ団に入団。19歳の時、ケネス・マクミランに見出され、《うたかたの恋》の主役に抜擢された。その後、「マクミランのミューズ」として活躍、1983年にはローレンス・オリヴィエ賞を受賞している。

1985年、当時の芸術監督のミハイル・バリシニコフの誘いに応じ、アメリカン・バレエ・シアター (ABT) に移籍。その後は同カンパニーとミラノ・スカラ座バレエ団のプリンシパルとして活躍しながら、世界各国のバレエ団にもゲスト・アーティストとして客演を重ねた。

2007年3月にジョン・ノイマイヤー振付の《椿姫》でスカラ座バレエ団を引退。6月にはケネス・マクミラン振付《ロミオとジュリエット》でABTを引退した。しかし、離婚を経て50歳となった2013年に舞台に復帰。その後もフリーで活動を続け、2021年10月にも、英国ロイヤル・バレエ団デビュー40周年記念公演に出演している。

写真:Fabrizio Ferri


  もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ヴェネチア発 〓 フェニーチェ劇場が新しいストリーミング配信のスケジュール

  2. 東京発 〓 東京都交響楽団が歴代指揮者との名演奏をYouTubeで配信

  3. ロンドン発 〓 ガーディナー率いるモンテヴェルディ合唱団ら3団体の新しい本拠地は聖マーティン・イン・ザ・フィールズ教会

  4. マンチェスター発 〓 空席だったBBCフィルハーモニックの首席指揮者にヨン・ストルゴールズ

  5. シドニー発 〓 オペラハウスが5日に《メリー・ウィドウ》で再開場

  6. ベルン発 〓 市立劇場が2024/2025シーズンの公演ラインナップを発表

  7. ザルツブルク復活祭音楽祭 〓 10月に延期

  8. リール発 〓 リール国立管の次期音楽監督にジョシュア・ワイラースタイン

  9. ロンドン発 〓 ウィグモア・ホールが全公演をキャンセル、閉鎖は7月末まで

  10. ウィーン発 〓 フィリップ・ジョルダン、国立歌劇場の音楽監督退任へ

  11. カラカス発 〓 「エル・システマ」がギネス記録に挑戦、12,000人が会する超ド級演奏会

  12. ボゴタ発 〓 コロンビア大統領が劇場閉鎖などは6月からさらに18か月間必要と発言

  13. アムステルダム発 〓 オランダ国立オペラの次期首席指揮者にロレンツォ・ヴィオッティ

  14. アムステルダム発 〓 イヴァン・フィッシャーがロイヤル・コンセルトヘボウ管の名誉指揮者に

  15. ウィーン発 〓 国立歌劇場が新制作の《ファウスト》をストリーミング

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。