東京発 〓 東京二期会が2024/2025シーズンの公演ラインナップを発表

2023/10/23

東京二期会が2024/2025シーズンの公演ラインナップを発表した。「名作を新しいフェーズに」をシーズンのテーマに据え、モーツァルト《コジ・ファン・トゥッテ》、リヒャルト・シュトラウス《影のない女》、ビゼー《カルメン》、チャイコフスキー《イオランタ/くるみ割り人形》の4作品を新制作する。

最初に登場するのは《コジ・ファン・トゥッテ》で、シャンゼリゼ劇場、カーン劇場、パシフィック・オペラ・ヴィクトリアとの共同制作。二期会にとっては宮本亞門演出の2006年のプロダクション以来の上演で、今回はロラン・ペリーが演出を手掛ける。ピットに入るのは、クリスティアン・アルミンク指揮の新日本フィルハーモニー交響楽団。

一方、《影のない女》はボン歌劇場との共同制作で、元々は2022年2月予定の上演をスライドさせたもの。演出はペーター・コンヴィチュニーで、アレホ・ペレス指揮の東京交響楽団がピットに入る。また、ビゼー《カルメン》は2003年以来の上演で、ピットに入るのは沖澤のどか指揮の読売日本交響楽団で、演出もイリーナ・ブルックという女性コンビ。

シーズンを締め括るのはチャイコフスキー《イオランタ/くるみ割り人形》で、演出は《ドン・カルロ》に続き、ウィーン・フォルクスオーパーの芸術監督を務めるロッテ・デ・ベア。《イオランタ》にバレエ《くるみ割り人形》を組み込み、オペラとバレエを融合させたプロダクションになるという。マキシム・パスカルが東京フィルハーモニー交響楽団を指揮する。

写真:Tokyo Nikikai Opera Foundation


  もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ボローニャ発 〓 巨匠の没後10年を記念して、ボローニャ市が「クラウディオ・アバド広場」

  2. ホーフ発 〓 ホーフ響の首席指揮者にベルギーの若手マルテイン・デンディーフェル

  3. ロンドン発 〓 グラインドボーン音楽祭も開催断念、ストリーミング配信をスタート

  4. ローマ発 〓 アントニオ・パッパーノがサンタ・チェチーリア国立アカデミー管の首席指揮者を退任

  5. バンベルグ発 〓 ヤクブ・フルシャがバンベルグ響との契約を延長

  6. フライブルク発 〓 市立劇場の次期音楽総監督にアンドレ・デ・リッダー

  7. ロンドン発 〓 英国の音楽家予約サイトの調査で「音楽を辞めることを考えている」64%

  8. ザルツブルク発 〓 夏の音楽祭はプログラムを組み直して開催を模索

  9. フランクフルト発 〓 第9回「ショルティ国際指揮者コンクール」で、中国系ニュージーランド人の吕天贻が優勝

  10. ミュンヘン発 〓 ラハフ・シャニがミュンヘン・フィルの首席指揮者に

  11. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場管が2021年の夏にヨーロッパ・ツアー

  12. ミネアポリス発 〓 オスモ・ヴァンスカがミネソタ管の音楽監督を退任

  13. ドレスデン発 〓 フラウエン教会の「アドヴェント・コンサート」は無観客で

  14. ロンドン発 〓 ロイヤル・オペラの首席客演指揮者にスペランツァ・スカップッチ

  15. ウィーン発 〓 国立歌劇場が5月19日に再開場

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。